病院紹介

病院紹介

トップ > 病院紹介 > ご挨拶

ご挨拶

企業長挨拶

企業長挨拶 みやぎ県南中核病院企業団 企業長 下瀬川 徹

みなさん、こんにちは。みやぎ県南中核病院のホームページにようこそ。

当院は、仙台市の南に30kmほど離れた大河原町にある病床数310床の自治体病院です。大河原町は、宮城県の県南地域のほぼ中心に位置する小さな町ですが、国道4号線が町内を貫き、東北縦貫自動車道や新潟に通じる国道113号線へのアクセスがよく、県南の交通の要所として発展しています。

みやぎ県南中核病院は、平成14年8月に大河原町、村田町、柴田町、角田市の1市3町を出資母体とする地域の病院として開院しましたが、過去15年間に県南の急性期医療の拠点として大きく発展してきました。開院後、救急告示病院、臨床研修病院、地域医療支援病院の指定を次々と取得し、地域災害医療センター、災害派遣チーム(DMAT)指定病院、地域がん診療病院等の認定も受け、平成26年7月には地域救命救急センターに、平成28年4月には仙南医療圏で唯一の地域がん診療連携拠点病院に指定されています。救命救急センター、腫瘍センター、緩和ケア病棟を備えた当院は、充実した医療スタッフ、施設・設備や診療体制により、仙南2次医療圏の医療の要として高い評価と信頼を得ています。

当院は31診療科を備えた総合病院であり、内藤広郎病院長以下、常勤医師66名、研修医28名の合計94名の医師と、歯科医師ならびに多数の医療スタッフを擁し、仙南医療圏はもとより名取市、岩沼市、亘理町、山元町など、県南沿岸部を含む広域をカバーする医療拠点として活動しています。当院は、24時間体制の救命救急医療に特に力を入れており、病院敷地内にはドクターヘリ発着のヘリポートを備え、県北の大崎市民病院、東部沿岸部の石巻赤十字病院と並ぶ代表的な地域の救急医療施設として、仙南医療圏における高度急性期医療に大きく貢献しています。
仙台圏以外の宮城県各地域と同様、県南部でも高齢化と人口減少が急速に進んでいます。いま当院に求められているのは、仙南医療圏における地域包括ケア社会構築の中心として医療、介護、福祉、保健の連携づくりを推進し、県南全域を視野においた将来の理想的な医療社会を実現することにあります。宮城県は、地域包括ケアシステムの構築を推進するため、平成28年度に各医療施設が将来担うべき役割を明確にする地域医療構想を策定しました。当院は今後も高度急性期、急性期医療の拠点としてさらに充実を図るとともに、仙南医療圏の医療、介護施設との連携を一層強化し、急性期から、回復期、慢性期、在宅にいたるシームレスな医療体制整備に努めます。
宮城県南部は、蔵王連峰や白石川など風光明媚な自然環境に恵まれ、歴史的にも伊達藩ゆかりの特有の文化を築いてきた土地柄です。当院は、「地域に信頼される、質の高い、親切な医療サービスを提供する」を理念に掲げており、この地域で暮らす住民の健康と幸せを守る使命があると考えています。医療スタッフ一同、みやぎ県南中核病院の職員であることに誇りと責任を持ち日々の診療に励んでいます。皆さまの変わらぬご支援を宜しくお願い致します。

平成30年5月
みやぎ県南中核病院企業団

企業長 下瀬川 徹

開院15週年を迎えて

開院15週年を迎えて みやぎ県南中核病院 病院長 内藤 広郎

当院は、大河原町、柴田町、村田町、角田市(1市3町)が運営する自治体病院として、平成14年8月1日に新規開業いたしました。開院時から、医療連携を推進することにより地域完結型医療のセンター病院として機能することを目指してきました。すなわち、当院は地域の「かかりつけ医」から紹介をいただき、状態が落ち着いたら「かかりつけ医に」逆紹介するとともに、2次・3次救急医療に積極的に取り組む、という基本方針です。この方針は当時の自治体病院としては一般的ではありませんでしたが、随時見直しを行いながらも基本方針を変えることなく運営して参りました。その結果、平成29年8月に開院15周年を迎えることができましたが、この間、地元医師会や医師派遣元である東北大学はもちろん、行政や住民の皆様からの大きなご支援とご理解をいただきましたことに、心から感謝申しあげます。

このように医療連携を基本方針として医療機能の向上に努めてまいりましたが、平成18年3月には「みやぎ県南中核病院将来構想計画」を、平成21年3月には「みやぎ県南中核病院改革プラン」をそれぞれ策定し、仙南医療圏では未整備であった地域救命救急センター、地域がん診療拠点病院を目指すとともに、自治体病院の運営形態を地方公営企業法の一部適用から全部適用(全適)に変更することを目指しました。幸い、平成22年1月には宮城県地域医療再生計画により当院の救命救急センター化構想が策定されましたので、これらの計画が大きく推進されることになりました。その結果、平成24年度には全適に移行することにより運営組織の名称が「大河原町外一市二町保健医療組合」から「みやぎ県南中核病院企業団」に変わるとともに、増改築工事が終了して新しい救急外来とICUおよび緩和病棟や放射線治療装置、外来化学療法部門を含む腫瘍センターが設置されました。その後、診療実績を重ねることにより平成26年7月には地域救命救急センターとして、平成28年4月には地域がん診療連携拠点病院としてそれぞれ指定されました。これにより、仙南医療圏における高度急性期、急性期医療に果たす当院の役割が明確になったものと考えております。
一方、この15年間でわが国の医療政策は大きな転換が迫られています。国際的にみてもこれまで経験したことのない少子・超高齢社会、人口減少・多死社会が進むことにより、医療費を含む社会保障費の増大が確実となってきたからです。対応策として医療費の適正化、効率化を推進することになりましたが、その最初の目標として団塊の世代全員が後期高齢者になる2025年までにそれぞれの医療圏において地域包括ケア社会の構築を目指すことが定められました。その流れの中で、平成28年度には各医療圏の地域医療構想が策定され、2025年度の医療圏内における各病期ごとに必要な病床数が示されました。それに基づき、各医療機関は自院の役割を踏まえて医療計画を立案、実践することになりましたが、自治体病院に対しては公立病院新改革プラン策定ガイドラインが示されましたので、当院でも平成29年3月に新改革プランを策定いたしました。
その中で、当院の役割は2025年においても高度急性期、急性期医療が中心になると定めました。そのため、これからも医療機能や質の向上を目指していくとともに、医療圏内の回復期、慢性期、在宅維持期を担当する医療、介護系施設との連携をこれまで以上に強化して行く所存です。さらには、医療圏全体の疾病予防や健康増進なども含めた保健・福祉機能の充実にも貢献できるように努めてまいります。
この大切な時期に、平成29年10月からは病院事業管理者として下瀬川徹新企業長を迎えることができましたので、新体制の下、職員一同2025年へ向けて新しい道を切り開いていきたいと考えております。どうか今後ともご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成29年10月
みやぎ県南中核病院

病院長 内藤 広郎