診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 診療科 形成外科

診療科

形成外科

診療の概要

先天性、後天性の顔面、手足などの外見上、機能上の変形、欠損、醜形を治療する科です。

診療の特徴

○手の外科

 手は、日常的によく使われるところであり、けがをすることが多い部位です。その手の外傷の治療を行っています。また変形、機能障害に対しても治療を行っています。具体的には、指の骨折、舟状骨を含む手根骨骨折、脱臼、捻挫などに対し、保存的療法または手術的療法を行います。また、指神経断裂、伸筋腱断裂、屈筋腱断裂に対し縫合術を行います。適応のある指切断に対し、再接着術を行います。また、組織欠損に対し、植皮術、皮弁術を行います。その他、瘢痕拘縮、デュプイトレン拘縮の治療も行っています。

○顔面外傷

 顔の傷をなるべく目立たないように縫合します。また、傷跡に対しても、なるべく目立たなくするために切除し、再度きれいに縫合します。また、頬骨、鼻骨などの顔面骨の骨折に対し、手術を含む治療を行っています。

○外表先天異常

 外見上、機能上問題となる、顔や手足の先天異常の手術療法を行っています。福耳、埋没耳、耳垂裂、耳瘻孔、おれ耳、唇裂、口蓋裂、副乳、臍突出症、多指症、合指症、などの手術療法を行っています。

○熱傷

 皮膚科の先生と協力し、入院、手術が必要な熱傷を治療しています。植皮を含む手術を行っています。

○癌切除後の再建

 他科と協力し、癌切除後の組織欠損に対し、植皮術、皮弁術、筋皮弁術などで再建します。

○一見ささいと思われる疾患

  1. 陥入爪

    足の親指の爪がくいこみ、爪の横が膿む病気です。軽度であれば、薬物治療を行いますが、重度はフェノール液により、爪のくいこむ部分を焼く治療を行っています。

  2. バネ指

    手の指の腱が腫れ、腱鞘に引っ掛かって痛みのでる病気です。バネがあるように指がかっくんかっくんと動く為、この名があります。腱鞘内にステロイドの注入を行っています。手術療法も行っています。

  3. 突き指

    良くあるけがですが、骨折、脱臼、靭帯損傷など伴うこともあり、軽視できないものがあります。一応病院で受診することをおすすめします。

  4. 槌指変形

    DIP関節(指の関節で、爪に一番近い関節)において指を伸ばす腱が切れるけがです。ちょっとぶつけたくらいでおこることもあります。専用の装具があり8週間の装具療法を行っています。

  5. 木片異物

    手などに、木片、竹などを刺し、大きな破片が残ると、まず確実に化膿します。摘出しない限り膿みが出続けます。レントゲン写真では写らないことが多く、治療が難しいけがです。しかし、MRIでは写ることが多く、MRIで位置を確定した後、切除を行っています。

  6. ケロイド指

    ケロイドは治療が難しい疾患ですが、注射、軟膏、内服薬、圧迫療法などを行っています。外見上の改善は難しい事が多いですが、痛み、痒みなどの症状の軽減は可能と思います。

  7. 毛髪欠損

    頭部の火傷、けがなどで、傷跡になり毛髪が欠損している場合にティッシエキスパンダー法で直すことが出来る場合があります。ティッシエキスパンダーはシリコンの袋で、これを毛のある頭の皮の下に手術で挿入し、傷が治ってから食塩水を少しずつこの袋に注入し、袋をふくらませて、その上の皮膚をのばしていく方法です。皮膚が伸びきったら再度手術を行い、袋をとりだし、毛髪欠損部を切り取り、伸びた皮膚を引っ張ってきて切除した部分を覆い縫合します。

  8. ピアスケロイド

    ピアスを耳たぶにあけた後に、穴周辺が固くなり、ケロイドとなることがあります。穴周辺が固くなる程度から3cm大の硬いボール状に盛り上がるものまであります。このケロイドのみは手術で切除しても、再発率が他のケロイドよりかなり低い為、切除を行います。しかし、一応ケロイドなため、術後6ヶ月は厳重な観察と、テープ保護を行っています。

診療実績統計

○手術件数

項目 / 年度 入院手術 外来手術
2014 2015 2016 2014 2015 2016
新鮮熱傷 7 4 4
顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷 6 6 6 15 25 23
唇裂、口蓋裂
手、足の先天異常、外傷 18 14 21 59 63 76
その他の先天異常 9 3 10 3 3 2
母斑、血管腫、良性腫瘍 10 16 14 56 50 65
悪性腫瘍およびそれに関連する再建 2 6 3 3
瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド 3 11 4 6 6 6
褥瘡、難治性潰瘍 26 17 25
美容外科
その他 11 14 9 37 64 45
90 87 99 176 214 220

ドクター紹介

医師名 認定医/専門医等
主任部長
澤村 武
日本形成外科学会認定形成外科専門医
副科長
志藤 祥子
日本形成外科学会認定形成外科専門医

発表等

○全国学会発表

澤村武
脊髄損傷患者における再発を繰り返した坐骨部褥瘡の治療例
[第17回日本褥瘡学会学術集会(仙台)2015.8.28-29]