診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 診療科 救急科

診療科

救急科

診療の概要

主に救急車から依頼のあった、担当科が不明な救急患者さんの初期対応を行っています。

診療の特徴

平日の日中は救急車からの診療依頼に対応しています。初期治療と同時に診断を行い、診断が確定したら各担当科に診療を引き継ぎます。他医療施設から各科への診療依頼にも協力しています。救急搬送された患者さんを含めた時間外の診療には他科の日当直医とともに携わっています。

当院は災害拠点病院に指定されており、災害派遣医療チーム(DMAT)を組織しています。災害や大事故などの際には、地域の中心となって活動いたします。

診療実績統計

項目 / 年度 2014 2015 2016 2017
救急外来受診者総数 16,715 17,572 17,969 17,505
入院者総数
(入院率)
2,636
(15.8%)
2,980
(17.0%)
3,053
(17.0%)
2,885
(16.5%)
救急車搬送者数 3,429 3,756 3,908 3,664
うち入院者数
(入院率)
1,614
(47.1%)
1,831
(48.7%)
1,871
(47.9%)
1,790
(48.9%)

ドクター紹介

医師名 認定医/専門医等 得意な分野
救急科主任部長
古川 宗
日本麻酔科学会認定麻酔科指導医
麻酔科標榜許可
日本救急医学会認定救急科専門医
日本集中治療医学会認定集中治療専門医
JATECインストラクター
日本DMAT隊員養成コースインストラクター
FCCSインストラクター
東北医科薬科大学医学部臨床准教授
救急一般
救急科部長
野村 亮介
日本救急医学会認定救急科専門医・指導医
日本外科学会認定外科専門医
麻酔科標榜許可
日本高気圧環境・潜水医学会認定高気圧酸素治療専門医
救急一般
救急科科長
佐藤 哲哉
日本救急医学会認定救急科専門医
インフェクション・コントロール・ドクター
日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医・指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本外科学会認定登録医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医
救急一般
救急科副科長
横川 裕大
JATECインストラクター
ACLS・BLSインストラクター
ICLSインストラクター
救急一般
救急科医員
小野寺 啓

非常勤医

医師名 所属 認定医/専門医等
久志本 成樹 東北大学救急医学講座教授 日本救急医学会指導医
日本外科学会専門医・指導医
日本外傷学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本集中治療学会専門医
日本救急医学会理事
日本外傷学会評議員
日本組織移植学会評議員
日本外科系連合会評議員
日本腹部救急医学会評議員
日本臨床救急医学会評議員
JATECインストラクター
ATOMインストラクター

発表等

○国際学会発表

Daisuke Kudo, Hajime Furukawa, Satoru Eguchi, Tomoki Hashimoto
Inhibition of endoplasmic reticulum stress prevents intracranial aneurysmal rupture in a mouse model. [AHA Hypertension 2017(San Francisco)2017.9.14-17]
Hajime Furukawa
Preparedness for future disasters in an earthquake nation. [The 11th International Hokkaido Trauma Conference(北海道留寿都村)2018.1.14-18]

○全国学会発表

赤田昌紀
過疎地域中核病院での中毒患者の現状 [第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会(東京)2017.5.26-28]
佐々木亜美、古川宗、三瓶想、川上一岳
当院における敗血症患者の転帰についての検討 [第45回日本集中治療医学会(千葉)2018.2.21-23]

○地方学会・研究会発表

斉藤有佳、古川宗、赤田昌紀、浅沼敬一郎、大邊寛幸、川上一岳
頭部外傷をともなった心原性心肺停止患者の一症例 [第31回東北救急医学会総会・学術集会(秋田)2017.6.24]

過去の業績

【2016(平成28)年度】

○全国学会発表

赤田昌紀、大邊寛幸、浅沼敬一郎、上野達也、古川宗、髙橋道長、川上一岳
重篤な敗血症、臓器障害を来した大腸全摘後患者における多発外傷の1例 [第8回日本Acute Care Surgery学会学術集会(大阪)2016.9.23-24]
赤田昌紀
食道潰瘍による大量出血,薬剤性膵炎,急性腎不全を併発した急性カフェイン中毒の1例 [第44回日本救急医学会総会・学術集会(東京)2016.11.17-19]
竹内洋平、大邉寛幸、浅沼敬一郎、赤田昌紀、古川宗、川上一岳
急速な転機をとったImmunocompetent hostのアスペルギルス気管気管支炎の1剖検例 [第44回日本集中治療医学会学術集会(札幌)2017.3.9-11]

○講演

古川宗
ACLS [ATOM東北大学コース(仙台)2016.10.8]
赤田昌紀
当院におけるAcute Care Surgery症例の検討 [みやぎAcute Care Surgeryフォーラム(仙台)2016.10.22]

○地方学会・研究会発表

山本修三
救急医療への取り組みと研修医教育について [シンポジウム「自施設で救急医療の質を高めるための取り組みと研修医教育について」
第17回宮城県救急医療研究会学術集会(多賀城)2015.10.11]

【2015(平成27)年度】

○全国学会発表

入間田大介ほか
当院救急外来でのオタワ基準の検討  [第29回東北救急医学会総会・学術集会(福島)2015.5.30]
赤田昌紀ほか
大腸穿孔による急性汎発性腹膜炎の検討 [第70回日本消化器外科学会総会(浜松)2015.7.15-17]
赤田昌紀ほか
地方病院でのAcute Care Surgery─後方病院との連携によるこれまでとこれから─ [第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会(福岡)2015.10.3-4]
川上一岳
自衛隊とDMATとの共同訓練に関する考察─みちのくALERT2014を経験して [第21回日本集団災害医学会総会・学術集会(山形)2016.2.27-29]

【2014(平成26)年度】

○学会発表・研究会発表

川上一岳
救急医療現場の立場から:「医療福祉相談室による退院調整を要した症例」 [シンポジウム「宮城県の高齢者救急をどうするか?」
第16回宮城県救急医療研究会学術集会(仙台)2014.9.28]

【2013(平成26)年度】

○学会・研究会発表

林昌伸、川上一岳
当院における頻回救急車利用者について [第15回宮城県救急医療研究会学術集会(大崎)2013.9.29]
小笠原晶子、山本修三、川上一岳ほか
当院における院内トリアージシステムの現状と今後の課題 [第15回宮城県救急医療研究会学術集会(大崎)2013.9.29]
川上一岳
シンポジウム「今抱えている県内救急医療体制の課題」座長 [第15回宮城県救急医療研究会学術集会(大崎)2013.9.29]