診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 看護部門 当院の認定看護師紹介

看護部

当院の認定看護師紹介

看護部長より

 認定看護師とは日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた看護師です。「実践」「指導」「相談」の3つの役割を持ち、それぞれの認定分野で活動します。
当院には、7つの認定分野において11人の認定看護師がおります。

皮膚・排泄ケア 横澤真姫子

皮膚・排泄ケア 横澤真姫子

 皮膚・排泄ケア認定看護師は、皮膚にトラブルが生じやすい方へのスキンケアや排泄ケアに対し、専門的な知識や技術を活かした看護を提供していく分野です。スキンケアや排泄ケアは日常的に行われるものであり、専門的なケアを提供することで患者さんに快適な生活を送っていただけるよう日々看護実践に取り組んでいます。
褥瘡処置やストーマ外来を中心に、患者さんとご家族が安心して生活が送れるよう支援していきたいと思います。

皮膚・排泄ケア 庄司沙織

皮膚・排泄ケア 庄司沙織

 私は現在、外科・消化器科・腫瘍内科病棟に勤務しています。手術前からストーマ造設の患者さんと関わり、退院後も継続して「ストーマ外来」でケアをお手伝いさせて頂いております。褥瘡や失禁でのトラブル、治りにくい傷などを専門的な知識をフル活用して患者さんに最適なケアを提供できるよう日々奮闘しています。
安心して過ごせる毎日を提供できるよう、患者さんと一緒に考えていきたいと思っています。

皮膚・排泄ケア 佐藤静恵

皮膚・排泄ケア 佐藤静恵

 私はストーマケアや褥瘡・皮膚ケアに加えて、コンチネンスケアを専門としております。排泄について困りごとがない状態で生活して頂くためのケアです。
現在毎週月曜日に、女性泌尿器科専門外来「さわやか外来」を泌尿器科医と共に行っております。主に、骨盤臓器脱や尿失禁に対する評価・診断、手術療法や産婦人科と連携した治療の流れの中で、患者さんの側に寄り添ってケアを行っております。排泄のお悩みから1日でも早く笑顔を取り戻した生活を送れるよう、ご相談に応じていきたいと思います。

緩和ケア 菊地浩子

緩和ケア 菊地浩子

 緩和ケアは、生命を脅かす疾患に対して早期から身体や心などの苦痛を和らげ、患者さんがその人らしく生きていけるようケアすることです。多職種と協働して、患者さんとそのご家族の生きる力を最大限引き出し、支援していけるよう取り組んでいます。
現在はがん診療相談支援室に所属しております。当院への通院や入院に限らず、ご本人またはご家族の方で何かお困りのこと等ありましたら是非ご相談ください。また、院内外問わず、緩和ケアに関する研修を積極的に取り組んでおります。興味のある方はお気軽にご相談ください。

緩和ケア 高野祐紀

緩和ケア 高野祐紀

 緩和ケア認定看護師は、がんだけではなくがん以外の患者様とそのご家族様も、病気を抱えながらもより良い日々を過ごし、最期までその人らしく過ごせるようお手伝いさせていただきます。
病気になったことによる痛みや吐き気などの体の辛さ、心配事や不安などの心の辛さ、介護や金銭面にまつわる悩み、治療方針や退院後の生活の場の選択に対する悩みなど、様々な辛さや悩みに対するケアを行います。また、看護師チームが全体でより良い看護を提供できるように、個人の相談から院内外の研修など、広く活動を行っています。

がん化学療法看護 武田さち子

がん化学療法看護 武田さち子

 がん化学療法とは抗がん剤を使った治療です。私は腫瘍センターの外来化学療法室で、通院で化学療法を受けている患者さんやご家族のケアを行っています。
患者さんが安楽に安心して治療を継続できるために、副作用の症状を和らげる方法を患者さんやご家族と相談しながらサポートを行っています。また、がんと診断された患者さんやご家族は、悲しみや不安など精神面のストレスも大きいため、面談などを行って精神的な負担が軽減できるようなサポートも行っています。必要な場合は入院中の患者さんとの面談も行っています。

脳卒中リハビリテーション 宮澤知佳

脳卒中リハビリテーション 宮澤知佳

 脳卒中リハビリテーションでは、脳血管を障害(主に脳梗塞や脳出血など)された患者様への意識改善・早期離床のアプローチや機能回復のサポートを行っています。早期からのリハビリテーションを行うことで、回復速度も速くなりその人らしい生活の再構築を目指して活動しています。
後遺症を多く残しやすい疾患のため、患者様やその家族にも疾患の理解や今後の生活を見据えた看護が必要となります。他職種と連携し多方面から支援できるように看護に努めていきたいです。

感染管理 阿部則子

感染管理 阿部則子

 感染管理認定看護師は、患者さんとその家族、そして病院内で働くすべての人たちに対して感染症の脅威から守ることを基本理念に活動しています。現在私たちが知っている感染症は、氷山の一角です。多くの感染症は、未知のものです。しかし、感染経路を断つための基本を押さえることで、みなさんを感染症から守ることが出来ると考えています。
私が所属している感染制御室では、医師・看護師・薬剤師・細菌検査技師が連携し、感染症のアウトブレイク時(感染症の患者さんが急激に増加すること)ただちに対応出来る体制を整えています。

救急看護 渡邊晶子

救急看護 渡邊晶子

 救急看護認定看護師の渡邊晶子です。現在、救命救急センターの救急外来を中心に活動しながら、DMATなど災害医療にも取り組んでいます。
地域の皆さんが突然のけがや病気になったとき、皆さんの命を救うべく、そして少しでも早く元の生活に戻れるよう、救急外来スタッフとともに患者さんとそのご家族をサポートします。ご自分や、大切なご家族が救急外来を受診されたとき、何かお困りのこと等ありましたらぜひお声がけくださいね。
また、BLSやACLSなど救命技術のシミュレーション研修、看護師のための院内トリアージ研修など様々な研修を企画・運営していますので、興味のある方は院内外問わずお気軽にご相談ください。

集中ケア 濱野真生子

集中ケア 濱野真生子

 集中ケア認定看護師とは、重症で生命の危機的状態にある患者さんに対して早期回復に向けた支援、不安を抱くご家族へのサポートを行う分野です。
日常生活援助の他に、病態の変化を予測して重症化の回避が出来るよう、集中治療を受ける患者さんへのケアや多職種と協働しながら廃用症候群などの二次的合併症の予防、早期リハビリテーションに努めています。常に退院後の生活を思い描きながら、患者さんのQOLの維持・向上を目指し、ケアの提供を行っています。患者さんに常に寄り添いながら、温かい看護が提供できるよう心がけています。