採用情報

採用情報

トップ > 採用情報 > 病院長からのメッセージ

病院長からのメッセージ

臨床研修を始める予定の皆様へ
みやぎ県南中核病院 病院長 内藤 広郎

 平成16年春から始まった新しい医師臨床研修制度もすでに10年以上が経過し、修正が加えられながらも必要な制度として定着してきました。新しい医師臨床研修制度に対して厚生労働省が求めていることは、医師としての人格の涵養、common diseaseが診療できるプライマリケア能力の確立、医療、医学の果たす社会的役割の認識、などであります。では、そのためにはどのような病院を選択すればいいのでしょうか?何よりも重要なことは初期研修医の教育に対する熱意を持った指導医が存在することではないでしょうか。これからの指導医は従来と異なり、根性論や精神論で接するのではなく、限られた時間で必要な技術、知識、心得を適切に教育する能力が求められます。さらに重要なことは患者さんの痛み、悩みを理解できるsympathyを備え、そこから得られる問題点を診療に結びつける能力を有していることだと思います。症例の数と内容については救急症例とcommon diseaseが十分に経験できることが重要でしょう。それがクリアーされていれば、あとは初期研修医自身のやる気、取り組み方次第で研修の成果は決まってきます。

 卒業予定の医学生の皆さんは現在研修予定の病院を選択すべく、活動中のことと思います。当院では本年度も初期臨床研修医を広く募集致します。当院は平成14年8月に宮城県南部の大河原町に新規開業した一般病床310床の自治体病院です。医療圏を中心とした圏域内の医療機関との連携を強化することにより入院については高度急性期、急性期医療を担当し、外來についてはがん診療を初めとする専門性の高い疾患について連携医師からの紹介症例を中心に担当いたします。従って、紹介率、逆紹介率はそれぞれ85%、80%に達しています。一方、直接来院の一般外来数が少ない分、救急医療への対応は強化されています。年間約4,000台近い救急車を受け入れるとともにwalk inを含めると17,000人の時間外救急患者を診療しています。このような医療機能・連携の実績が評価され平成16年には宮城県内で3番目の地域医療支援病院に認定され、平成20年には災害拠点病院に指定されました。さらにその後、仙南医療圏では未整備であった地域救命救急センター(平成26年7月)および地域がん診療連携拠点病院(平成28年4月)の指定を受けました。これらの医療機能を支える常勤医師は70名を超え、この規模の病院としては極めて充実しています。しかもそのほとんどが臨床研修指導講習を受講済みで、各領域の専門医や指導医として研修の指導にあたっています。

 当院は、開設後16年とまだ歴史はありませんが、何よりも地域の急性期医療を支える病院を造るというスタッフの意気込みと各科のコミュニケーションがすばらしいことが自慢です。常勤医も研修医から刺激を受けながら理想の指導医を目指して奮闘中です。

 初期臨床研修をはじめる予定の皆さん、どうぞ当院の見学においでください。そして、来年の春からは蔵王連峰を望む当院で、社会人として、医師として新しい一歩を踏み出すとともに、充実した初期臨床研修を初めてほしいと思います。

みやぎ県南中核病院

病院長 内藤 広郎