診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 診療科 外科

診療科

外科

診療の概要

  1. 疾患の根治性と術後の機能温存の両立を目指します。
  2. 技術修練を怠らず、最新の器機を導入して安全かつ最先端の手術を提供いたします。
  3. 院内外の連携を強化することにより、外科的救急疾患を迅速に診断し的確に治療いたします。

診療の特徴

外来体制

 当科の外来診療は基本的に新患担当と再来担当にわけております。また、専門外来として、血管外科、呼吸器外科、乳腺外科およびストマ(人工肛門)外来を開設し、専門医療を希望される皆様のご要望にお答えしております。

胃癌治療

 胃癌の治療は、手術後の機能温存と癌の根治性のバランスを図り、できるだけ患者さんの負担が軽くてすむような術式を採用しています。術後の逆流性胃炎や食道炎がないような術式を選択することにより、患者さんの術後QOL(日常生活水準)の向上を目指しています。また、早期胃癌に限定して腹腔鏡補助下胃切除術を採用し(胃癌手術症例の約1/4に相当)、術後の疼痛軽減と早期回復を図っています。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍

 穿孔性消化性潰瘍(胃十二指腸潰瘍)に対しては、CT等の画像診断を駆使して正確に穿孔部位を同定し、できるだけ保存的に治療することを目標にしております。ただし、70歳以上の高齢者、潰瘍が大きい場合(特に胃潰瘍)や発症後6時間以上経過している場合、腹水が上腹部だけでなく骨盤まで達している場合は手術が必要になることがあります。手術を行う場合でも、できるだけ侵襲の少ない腹腔鏡手術を選択しています。ヘリコバクターピロリ菌が潰瘍の原因になっていることが多いことから、急性期の治療が済んだ後はピロリ菌の除菌を積極的に行って、潰瘍再発の防止に努めています。

胆石症

 胆嚢結石症に対しては、全体の95%以上の症例に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しております。急性胆嚢炎を発症している場合には、できるだけ胆嚢穿刺ドレナージを行なうことなく、入院後早期に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行ない、入院期間の短縮を図っています。胆管結石を合併している際には、まず消化器内科で、内視鏡治療(十二指腸乳頭切開+胆管結石摘出)を行った後、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。 術後はほとんどの症例で3~4日で退院しております。

肝臓、膵臓、胆道系の悪性疾患

 肝臓、膵臓、胆道系の悪性疾患に関しては、東北大学肝胆膵外科と共同で診療することで、治療方針を決定しています。肝臓切除や膵頭十二指腸切除等の手術を当院で行っているほか、 肝門部胆管癌などの高難度手術症例は東北大学病院で手術を受けていただいた後、当院で術後化学療法などを行っております。また2015年より、肝臓の部分切除に対しては腹腔鏡下肝切除術も導入し、良好な結果を得ています。東北大学病院との間で情報の共有を行うことにより強固な連携を築いており、術前、術後の転院も大変スムーズです。

結腸癌

 大腸は、肛門に近い直腸とそれより口側の結腸に大きく分けられます。結腸癌の手術では、原則、腹腔鏡補助下結腸切除術を行っていますが、腸閉塞を併発している症例や、隣接臓器や腹壁に浸潤していることが疑われる症例に対しては、これまで同様の開腹術を行っています。大腸癌腸閉塞をきたしている症例は、消化器内科で内視鏡を用いて経肛門的に癌の口側までチューブを挿入し、腸管を洗浄して便を体外へ排出させ、腸管を減圧した後に手術を行うようにしています。

直腸癌

 直腸癌では肛門に極めて近い進行癌を除き、できるだけ人工肛門を造設することなく、最新の肛門括約筋温存術式により自然肛門の温存を図っています。高度進行直腸癌に対しては、術前に化学放射線治療(抗癌剤治療や放射線照射療法)を行って、腫瘍の縮小を図った後、手術することもあります。リンパ節転移や、周囲臓器への浸潤程度によっては、腸管吻合することなく、永久的人工肛門を造設いたします。
胃癌、大腸癌とも、ステージが進んだ癌の術後の補助化学療法は、腫瘍内科に依頼していますが、時代に即した専門性の高い、最善の化学療法を、基本的には外来治療で提供しています。

急性虫垂炎

 急性虫垂炎に対しては、CT検査を積極的に行ない、虫垂炎と他の疾患(大腸憩室炎や子宮付属器炎等)との鑑別診断を正確に行なうことにより、保存的療法と手術療法の選択を的確に行っています。最近は、大部分の症例に腹腔鏡手術を採用しており、手術を行った場合でも、虫垂穿孔による腹膜炎をおこしていなければ、術後3日程度で退院可能です。

鼠径ヘルニア

 鼠径ヘルニアに対しては、最新の人工膜(クーゲルパッチ等)を利用して、鼠径部全体の組織の補強をすることにより、術後の疼痛と再発を防ぐことを目指しています。手術後は2~3日で退院可能です。最近腹腔鏡を用いた鼠径ヘルニア手術も導入いたしました。

乳腺疾患

 乳腺疾患に対しては、乳腺レントゲン撮影、超音波検査等の一般画像診断に加えて、CTやMRIによる画像診断も併用しております。良悪性の質的診断については超音波ガイド下針生検を行っています。また、月2回乳腺専門医による外来診察日を設けており、乳腺疾患の診断精度の向上を図っています。乳癌の手術では、乳房温存療法も採用し、術後は当院で放射線照射療法を行っています。ステージが進んだ癌の術後化学療法は、腫瘍内科が、専門性の高い、最善の化学療法を提供しています。

診療実績統計

項目/年度 2015 2016 2017
総手術件数 526 571 492
 (定期) (347) (395) (361)
 (臨時) (179) (176) (131)
胃・十二指腸 52 48 43
 (幽門側胃切除) (21) (20) (26)
 (胃全摘術) (10) (15) (10)
胆嚢胆管結石症手術 130 148 98
肝臓、膵臓手術 12 9 19
 (膵頭十二指腸切除) (4) (3) (8)
小腸・結腸手術 91 101 94
 (結腸癌手術) (46) (68) (44)
 (腸閉塞) (17) (22) (23)
直腸・肛門手術 29 39 31
 (直腸癌) (22) (28) (25)
虫垂切除術 63 67 49
ヘルニア手術 141 88 122
乳癌手術 11 11 10
甲状腺手術 5 5 9
外傷手術 2 1 0
 
腹腔鏡下胆嚢摘出術 124 138 88
腹腔鏡下胃切除術(部分切除除く) 13 16 19
腹腔鏡下結腸・直腸切除術 25 57 44
腹腔鏡下虫垂切除術 59 63 45
腹腔鏡下ヘルニア根治術 8 23 56
腹腔鏡下肝切除術 5 3 0
腹腔鏡手術総計 244 311 259

ドクター紹介

医師名 認定医/専門医等 得意な分野
院長
内藤 広郎
日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医
日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医・指導医
日本消化管学会認定胃腸科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本ストーマ・排泄リハビリステーション学会ストーマ認定士
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本腹部救急医学会腹部救急認定医・腹部救急暫定教育医
宮城県緩和ケア研修会受講済
上部下部消化管の外科治療
炎症性腸疾患の外科治療
ストマケア
副院長
宮崎 修吉
日本外科学会認定外科専門医・指導医
中部地域緩和ケア医師研修会受講済(岩手県)
東北大学医学部臨床教授(移植・再建・内視鏡外科)
上部消化管の外科治療
特に食道外科
主任部長
後藤 慎二
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本救急医学会認定救急科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
宮城県緩和ケア研修会受講済
消化器癌
救急疾患
乳腺外科部長
鈴木 幸正
日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医
日本乳癌学会乳腺専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント基準登録医師責任医師
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクション・コントロール・ドクター
乳腺超音波講習会受講
緩和ケア講習会、指導者講習会受講済
乳腺外科
部長
菊池 寛
日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
日本食道学会食道科認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
宮城県緩和ケア研修会受講済
情報診療部長
上野 達也
日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
東北大学医学部臨床准教授(胃腸外科)
宮城県緩和ケア研修会受講済
消化管の外科治療
腹腔鏡手術
部長
嶋 健太郎
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
宮城県緩和ケア研修会受講済
 
科長
土屋 尭裕
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
宮城県緩和ケア研修会受講済
 
医員
秋重 尚貴
宮城県緩和ケア研修会受講済  
医員
添田 敏寛
宮城県緩和ケア研修会受講済  

非常勤医

医師名 所属 認定医/専門医等 得意な分野
内藤 剛 東北大学病院総合外科特命教授 日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
腹腔鏡下手術
中川 圭 東北大学病院総合外科講師 日本外科学会認定外科認定医・専門医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
肝胆膵疾患の外科治療

発表等

論文

Inoue K, Ueno T, Nishina O, Douchi D, Shima K, Goto S, Takahashi M, Shibata C, Naito H
Optimal timing of cholecystectomy after percutaneous gallbladder drainage for severe cholecystitis. [BMC Gastroenterology. 2017; Vol.17(1): p.71]
Inoue K, Ueno T, Douchi D, Shima K, Goto S, Takahashi M, Morikawa T, Naitoh T, Shibata C, Naito H
Risk factors for difficulty of laparoscopic cholecystectomy in grade II acute cholecystitis according to the Tokyo guidelines 2013. [BMC surgery. 2017; Vol.17(1): p.114]
Michinaga Takahashi, Shinji Goto, Tatsuya Ueno, Kentaro Shima, Koetsu Inoue, Daisuke Douchi, Orie Nishina, Hiroo Naito
Extreme dilatation of the interposed jejunal pouch after proximal gastrectomy associated with portal venous gas: A case report. [International Journal of Surgery Case Reports. 2017; Vol.37: pp.244–247]
嶋健太郎、上野達也、二科オリエ、井上亨悦、髙橋道長
小網裂孔に胃体部が嵌入して発症した胃長軸捻転症に対し腹腔鏡下整復胃固定術を施行した1例 [日本内視鏡外科学会雑誌. 2017; Vol 22(3): pp.311-317]

国際学会発表

Koetsu Inoue, Tatsuya Ueno,Daisuke Douchi, Kentaro Shima, Shinji Goto, Michinaga Takahashi, Hiroo Naito
Short–term outcomes of laparoscopic colorectal surgery in elderly patients.
[SSAT 58th Annual Meeting(Chicago)2017.5.6-9]

全国学会発表

井上亨悦、上野達也、二科オリエ、嶋健太郎、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
大腸癌に対する腹腔鏡手術の短期成績の検討 高齢者の手術は安全か? [第117回日本外科学会定期学術集会(横浜)2017.4.27-29]
井上亨悦、髙橋道長、 二科オリエ、堂地大輔、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、内藤広郎
腹腔鏡下大腸切除術は高齢者でも安全か? 短期手術成績の検討 [第72回日本消化器外科学会総会(金沢)2017.7.20-22]
嶋健太郎、上野達也、二科オリエ、井上亨悦、堂地大輔、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
当院における絞扼性腸閉塞の検討 [第72回日本消化器外科学会総会(金沢)2017.7.20-22]
秋重尚貴、堂地大輔、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
術前化学放射線治療中に直腸穿孔によるフルニエ症候群を発症した直腸癌の1例 [第79回日本臨床外科学会総会(東京)2017.11.23-25]
井上亨悦、堂地大輔、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
当院における高齢者胃癌に対する腹腔鏡手術の短期手術成績 [第30回日本内視鏡外科学会総会(京都)2017.12.7-9]
佐々木純一、嶋健太郎、堂地大輔、井上亨悦、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
腹腔鏡下脾臓摘出術を行った脾腫瘍の1例 [第30回日本内視鏡外科学会総会(京都)2017.12.7-9]
松原美紀、髙橋道長、井上亨悦、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、内藤広郎
虚血性大腸炎が先行し小腸切除を行った小腸非閉塞性腸管虚血症の1例 [第14回日本消化管学会(東京)2018.2.9-10]
秋重尚貴
急性膵炎は腹腔鏡下胆嚢摘出術に影響するか? [第7回腹腔鏡下胆道手術手技研究会(名古屋)2018.2.17]
横澤真姫子、庄司沙織、内藤広郎
ストーマ粘膜皮膚接合部に出現した全周性肉芽形成のため、管理に難渋した1例 [第35回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(札幌)2018.2.23-24]

地方学会・研究会発表

井上亨悦
経皮経肝的胆嚢ドレナージ後の胆嚢摘出術はいつ施行すべきか?
[第28回内視鏡外科フォーラム東北in山形(山形)2017.4.15]
佐藤大二郎、堂地大輔、井上亨悦、嶋健太郎、森川孝則、上野達也、佐藤晃彦、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
腹腔鏡下膵臓摘出術を行った脾腫瘍の1例
[第173回東北外科集談会(仙台)2017.6.3]
井上亨悦、堂地大輔、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
当院における高齢者胃癌に対する腹腔鏡手術の短期手術成績
[第6回サマーセミナーin OKINAWA(那覇)2017.6.30-7.1]
生形晃男、井上亨悦、堂地大輔、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
胃前庭部と十二指腸球部が嵌頓した食道穿孔ヘルニアの1例
[第174回東北外科集談会(盛岡)2017.9.9]
佐々木純一、堂地大輔、井上亨悦、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
術前に診断し得た胆嚢穿孔の1例
[第174回東北外科集談会(盛岡)2017.9.9]
松原美紀、井上亨悦、堂地大輔、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
虚血性大腸炎が先行し小腸切除を行ったNOMIの1例
[第174回東北外科集談会(盛岡)2017.9.9]
桐山卓也、土屋尭裕、上野達也、井上亨悦、嶋健太郎、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
急激な経過をとった大腸癌脊椎転移の1例 [第5回日本臨床外科学会宮城県支部例会(仙台)2018.1.27]

座長

髙橋道長
第19回日本医療マネジメント学会 一般演題(口演) 病院運営 [(仙台) 2017.7.8]
内藤広郎
第54回日本腹部救急医学会総会 一般口演 小腸4 [(東京) 2018.3.9]

外科 過去の業績

2016(平成28)年度

国際学会発表

Koetsu Inoue, Tatsuya Ueno, Michinaga Takahashi, Shinji Goto, Ryouichi Anzai, Kentarou Shima, Orie Suzuki, Masanobu Hayashi, Hiroo Naitoh
When Should We Perform Cholecystectomy for Severe Acute Cholecystitis Following Percutaneous Transhepatic Gallbladder Drainage?
[SSAT(DDW) 2016(San Diego)2016.5.21-24]
Koetsu Inoue
[SAGES2017(HOUSTON,TX)2017.3.22-25]

全国学会発表

井上亨悦
中等症急性期胆嚢炎(東京ガイドラインGradeⅡ)に対する治療方針の検討
[第116回日本外科学会定期学術集会(大阪)2016.4.14-16]
嶋健太郎
当院における肉眼的他臓器浸潤大腸癌症例の検討
[第71回日本消化器外科学会総会(徳島)2016.7.14-16]
髙橋道長、後藤慎二、上野達也、嶋健太郎、井上亨悦、鈴木オリエ、内藤広郎
術後遠隔期にパウチおよび残胃を切除し、経口摂取が可能となった近位側胃切除術の1例
[第58回日本平滑筋学会総会(仙台)2016.8.17-19]
鈴木オリエ、上野達也、髙橋道長、後藤慎二、嶋健太郎、井上亨悦、内藤広郎
慢性偽膜性腸閉塞症が疑われた2例
[第58回日本平滑筋学会総会(仙台)2016.8.17-19]
二科オリエ
当院における大腸憩室炎の検討
[第71回日本大腸肛門病学会学術集会(伊勢)2016.11.18-19]
井上亨悦、髙橋道長、鈴木オリエ、嶋健太郎、上野達也、後藤慎二、内藤広郎
当院における小腸腫瘍手術症例の検討
[当院における小腸腫瘍手術症例の検討]
嶋健太郎
当院における腹腔鏡下肝部分切除術の導入の取り組み
[第29回日本内視鏡外科学会総会(横浜)2016.12.8-10]
井上亨悦
高齢者結腸癌に対する腹腔鏡手術における短期成績の検討
[第29回日本内視鏡外科学会総会(横浜)2016.12.8-10]
鈴木オリエ
小網穿孔ヘルニアを合併した胃軸捻転症に対し、腹腔鏡下胃固定術を施行した1例
[第29回日本内視鏡外科学会総会(横浜)2016.12.8-10]
嶋健太郎
十二指腸潰瘍穿孔を合併した甲状腺クリーゼの一例
[第53回日本腹部救急医学会総会(横浜)2017.3.2-3]

地方学会・研究会発表

嶋健太郎
当院における腹腔鏡下肝部分切除術の導入の取り組み
[第27回内視鏡外科フォーラム東北in盛岡(盛岡)2016.5.21]
嶋健太郎、上野達也、鈴木オリエ、井上亨悦、森川孝則、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
当院における腹腔鏡下肝部分切除術の導入の取り組み
[沖縄腹腔鏡下肝胆膵手術研究会(沖縄)2016.6.24-25]
二科オリエ、上野達也、髙橋道長、後藤慎二、嶋健太郎、井上亨悦、内藤広郎
集学的治療によって救命し得た門脈気腫を伴う重症腸炎の1例
[第172回東北外科集談会(山形)2016.9.10]
千葉広夢、上野達也、二科オリエ、髙橋道長、後藤慎二、嶋健太郎、井上亨悦、秋重尚貴、内藤広郎
穿孔性憩室炎に対しハルトマン手術を施行した一例
[第172回東北外科集談会(山形)2016.9.1]
秋重尚貴、井上亨悦、髙橋道長、後藤慎二、上野達也、嶋健太郎、二科オリエ、千葉広夢、内藤広郎
輸入脚の潰瘍により同定されたアミロイドーシスの1例
[第172回東北外科集談会(山形)2016.9.10]
二科オリエ、上野達也、髙橋道長、後藤慎二、嶋健太郎、堂地大輔、井上亨悦
当院における大腸憩室炎の検討
[第4回日本臨床外科学会宮城県支部総会(仙台)2017.2.4]

講演

井上亨悦
当院における小腸腫瘍の症例検討
[第175回RBC例会(仙台)2016.4.8]
内藤広郎
激変する病院再編!生き残りをかけた地域医療戦略
[テルモ㈱社員向け講演会(東京)2016.5.12]

2015(平成27)年度

論文

前田晋平、高橋道長、佐藤俊、赤田昌紀、井上亨悦、内藤広郎
保存的治療が奏効したプロテインC欠損症に伴う上腸間膜静脈血栓症の1例
[日本臨床外科学会雑誌. 2015; Vol.76(7): pp.1609-1615]
廣澤貴志、高橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、内藤広郎
転倒を契機に発症した食道粘膜下血腫の1例
[日本臨床外科学会雑誌. 2015; Vol.76(6): pp.1343-1347]

国際学会発表

Koetsu Inoue, Tatsuya Ueno, Orie Suzuki, Masanobu Hayashi, kentarou Shima, Ryouichi Anzai, Shinji Gotou, Michinaga Takahashi, Takanori Morikawa, Takeshi Naitoh, Hiroo Naitoh
RETROSPECTIVE ANALYSIS OF THE FACTORS AFFECTING THE RISK AND DIFFICULTY OF THE LAPAROSCOPIC SURGERY FOR ACUTE CHOLECYSTITIS
[SAGES 2016 - Surgical Spring Week(Boston)2016.3.16-19]

全国学会発表

佐藤俊、中原岩平、前田晋平、赤田昌紀、上野達也、後藤慎二、高橋道長、内藤広郎
体表面に外傷の痕跡を認めない腹部鈍的外傷により生じた十二指腸血腫の一例
[第51回日本腹部救急医学会(京都)2015.3.5-6]
高橋道長、赤田昌紀、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、前田晋平、内藤広郎
初回手術からみた再発鼠径ヘルニアの検討
[第115回日本外科学会定期学術集会(名古屋)2015.4.16-18]
高橋道長、赤田昌紀、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、前田晋平、内藤広郎
S状結腸癌により閉塞性大腸炎をきたした3症例の検討
[第70回日本消化器外科学会総会(浜松)2015.7.15-17]
井上亨悦、高橋道長、鈴木オリエ、林昌伸、嶋健太郎、上野達也、安西良一、後藤慎二、内藤広郎
当院における回腸人工肛門閉鎖術の手術成績について
[第77回日本臨床外科学会総会(福岡)2015.11.26-28]
鈴木オリエ、上野達也、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、嶋健太郎、井上亨悦、内藤広郎
若年性胃粘膜下腫瘍の1例(会議録/症例報告)
[第77回日本臨床外科学会総会(福岡)2015.11.26-28]
井上亨悦、森川孝則、赤田昌紀、嶋健太郎、佐藤俊、上野達也、後藤慎二、高橋道長、元井冬彦、内藤剛、内藤広郎、海野倫明
腹腔鏡下肝嚢胞開窓術でIndocyanine green蛍光法が胆管損傷予防に有用であった3例
[第28回日本内視鏡外科学会(大阪)2015.12.10-12]

地方学会・研究会発表

前田晋平、赤田昌紀、吉田寛、佐藤俊、上野達也、後藤慎二、高橋道長、内藤広郎
Adjuvant surgeryによりR0切除しえた膵尾部癌臍転移の一例
[第49回東北膵臓研究会(仙台)2015.2.6]
井上亨悦、森川孝則、赤田昌紀、嶋健太郎、上野達也、佐藤俊、後藤慎二、高橋道長、元井冬彦、内藤剛、内藤広郎、海野倫明
腹腔鏡下肝嚢胞開窓術でIndocyanine green蛍光法が胆管損傷予防に有用であった3例
[第26回内視鏡外科学フォーラム東北(会津若松)2015.4.25]
林昌伸、後藤慎二、高橋道長、上野達也、佐藤俊、赤田昌紀、前田晋平、井上亨悦、内藤広郎
腸症型T細胞リンパ腫の一例
[第169回東北外科集談会(仙台)2015.6.13]
鈴木オリエ、上野達也、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、赤田昌紀、嶋健太郎、井上亨悦、内藤広郎
腹腔内出血をきたしたsegmental arterialmediolysis(SAM)と考えられた一例
[第169回東北外科集談会(仙台)2015.6.13]
小玉寛健、嶋健太郎、林昌伸、鈴木オリエ、井上亨悦、佐藤俊、上野達也、後藤慎二、高橋道長、内藤広郎
胃・小腸気腫症、門脈気腫症を伴う腸閉塞の一例
[第170回東北外科集談会(福島)2015.9.19]
林昌伸、高橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、嶋健太郎、井上亨悦、鈴木オリエ、内藤広郎
小腸手術後の腸管通過障害に対してステロイド投与が有効であった3症例
[第170回東北外科集談会(福島)2015.9.19]
入間田大介、井上亨悦、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、嶋健太郎、林昌伸、鈴木オリエ、若栗碧子、内藤広郎
絞扼性腸閉塞が疑われた乳糜腹水の一例
[第170回東北外科集談会(福島)2015.9.19]

2014(平成26)年度

論文

高橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、前田晋平、内藤広郎
横行結腸癌が胃結腸瘻を形成した同時性多発大腸癌の1例
[日本臨床外科学会雑誌. 2014;75(1):121-127]
佐藤和宏、内藤広郎、高林俊文、松本純、安藤正夫、本多正久、三浦徳之、酒井謙次、渡部高雄、平山隆、登米昭
急性期病院から後方支援病院などへの患者移動に関する一考察 仙南医療圏における調査報告
[日本医師会雑誌. 2014;142(11):2475-2479]
Ariake K, Ueno T, Takahashi M, Goto S, Sato S, Akada M, Naito H
E-PASS comprehensive risk score is a good predictor of postsurgical mortality from comorbid disease in elderly gastric cancer patients.
[J Surg Oncol. 2014;109(6):586-92]

学会・研究会発表

赤田昌紀、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、前田晋平、廣澤貴志、川上一岳、内藤広郎
緊急手術での腹腔鏡下虫垂切除術
[第114回日本外科学会定期学術集会(京都)2014.4.3-5]
前田晋平、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀、内藤広郎
当科における大腸癌イレウスの治療
[第54回仙台地区臨床外科医会(仙台)2014.5]
Masanori Akada, Hiroshi Yoshida, Shinpei Maeda
Surgical strategies for splenic marginal zone lymphoma -Splenectomy after TAE- 
[第26回日本肝胆膵外科学会・学術総会(和歌山)2014.6.11-13]
前田晋平、吉田寛、赤田昌紀、森川孝則、片寄友、海野倫明
肝内胆管癌術後10年で発症した細胆管細胞癌の一切除例
[第26回日本肝胆膵外科学会・学術総会(和歌山)2014.6.11-13]
林昌伸
腸回転異常症に伴った下行結腸癌イレウスの一例
[第167回東北外科集談会(仙台)2014.6.14]
鈴木オリエ、廣澤貴志、前田晋平、赤田昌紀、佐藤俊、上野達也、後藤慎二、内藤広郎
再発をきたした多中心性後腹膜脂肪肉腫の1例
[第167回東北外科集談会(仙台)2014.6.14]
前田晋平、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀、廣澤貴志、内藤広郎
門脈ガス血症24例の検討
[第69回日本消化器外科学会総会(郡山)2014.7.16-18]
林昌伸、前田晋平、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀、内藤広郎
外科的・内視鏡的治療を行ったPeutz-Jeghers症候群の一例
[第168回東北外科集談会(秋田)2014.9.13]
山田英晴、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、赤田昌紀、前田晋平、上野達也、内藤広郎
閉塞性大腸炎を伴った大腸がんイレウス2例の検討
[第168回東北外科集談会(秋田)2014.9.13]
鈴木オリエ、上野達也、前田晋平、赤田昌紀、佐藤俊、後藤慎二、高橋道長、内藤広郎
肝膿瘍を契機に発見された直腸癌の一例
[第168回東北外科集談会(秋田)2014.9.13]
林昌伸、前田晋平、高橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀、内藤広郎
多発小腸腸重積を伴ったPeutz-Jeghers症候群の一例
[第76回日本臨床外科学会総会(郡山)2014.11.20-22]
鈴木オリエ、上野達也、前田晋平、赤田昌紀、佐藤俊、後藤慎二、高橋道長、内藤広郎
肝膿瘍を契機に発見された直腸癌の一例
[第76回日本臨床外科学会総会(郡山)2014.11.20-22]
内藤広郎
仙南地域における看護師不足の現況とその対策-当院の取り組みを中心に-
[第3回宮城県地域医療学会(仙台)2014.11.30]
横澤真姫子、高橋直子、庄司沙織、内藤広郎
胃切除後に留置されたP-TEG挿入部周囲皮膚障害のFOY軟膏が有効であった1例
[第32回ストーマ排泄リハビリテーション学会総会(浦安)2015.2.28]
庄司沙織、横澤真姫子、柏木健、大槻明美、高橋直子、内藤広郎
肝切除後に発症した横行結腸瘻に伴う複雑腸管皮膚瘻に対してパウチング管理が可能となった1症例
[第32回ストーマ排泄リハビリテーション学会総会(浦安)2015.2.28]
佐藤静恵、小林美和、大槻明美、内藤広郎
片麻痺のあるストーマ造設に対し、OT、PTの介入によってストーマケア習得が可能となった1例
[第32回ストーマ排泄リハビリテーション学会総会(浦安)2015.2.28]

2013(平成25)年度

論文

小林 実、髙橋道長、上野達也、佐藤 俊、赤田昌紀、内藤広郎
鼠径へルニア嵌頓を契機に発症したS状結腸癌皮下穿孔の1例
[日臨外会誌 74 (1), 243-247, 2013]
有明恭平、三浦雅人、髙橋道長、上野達也、佐藤 俊、赤田昌紀、前田晋平、藤坂泰之、大藤高志、内藤広郎
筋緊張性ジストロフィーに非アルコール性脂肪肝炎によると思われる肝硬変症を合併した直腸癌の1例
[日消誌 110 (9), 1633-1639, 2013]
髙橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤 俊、前田晋平、内藤広郎
横行結腸癌が胃結腸瘻を形成した同時性多発大腸癌の1例
[日臨外会誌 75 (1), 121-127, 2014]
Ariake K, Ueno T, Takahashi M, Goto S, Sato S, Akada M, Naito H.
E-PASS comprehensive risk score is a good predictor of post surgical mortality from comorbid disease in elderly gastric cancer patients.
[J Surg Oncol, 109(6) ;586-592, 2014 (Epub, 2013 Dec 27)]

学会・研究会発表

上野達也、髙橋道長、後藤慎二、佐藤俊、赤田昌紀、有明恭平、前田晋平、廣澤貴志、片平真人、赤井澤隆、川上一岳、内藤広郎
Computed tomography(CT)による消化管穿孔の診断:CTですべての穿孔の診断は可能か?
[第113回日本外科学会定期学術集会(福岡)2013.4.11]
佐藤俊、片平真人、廣澤貴志、前田晋平、有明恭平、赤田昌紀、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
内視鏡的乳頭括約筋切開術施行後に胆嚢摘出術を行った胆嚢胆管結石手術症例の検討
[第113回日本外科学会定期学術集会(福岡)2013.4.11]
赤田昌紀、髙橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、前田晋平、廣澤貴志、川上一岳、内藤広郎
地域基幹病院での救急医療における外科医の役割
[第113回日本外科学会定期学術集会(福岡)2013.4.12]
Masanori Akada, Michinaga Takahashi, Tatsuya Ueno, Shun Sato,Shinpei Maeda, Shinji Goto, Hiroo Naito
Percutaneous transhepatic gallbladder drainage without cholecystectomy is optimum procedure in high-risk patients.
[SSAT (Orlando, USA) 2013.5]
Tatsuya Ueno, Michinaga Takahashi, Shinji Goto, Shun Sato, Masanori Akada, Kyohei Ariake, Shinpei Maeda, Takashi Hirosawa, Masato Katahira, Chikashi Shibata, Hiroo Naito
Diagnostic Strategy for Acute Abdomen Caused by Perforation of the Gastrointestinal Tract. Can Computed Tomography Detect Perforated Site Even in the Small and Large Bowel?
[SSAT(Orlando, USA)2013.5]
内藤広郎
地域力と医療再生(シンポジウム1 「地域力と地域再生」)
[第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術集会(仙台)2013.5.18]
廣澤貴志、髙橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、赤田昌紀、前田晋平、内藤広郎
食道粘膜下血腫の1例
[第175回東北外科集談会(仙台)2013.6.8]
佐藤俊、片平真人、廣澤貴志、前田晋平、有明恭平、赤田昌紀、上野達也、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
胆嚢胆管結石における内視鏡的乳頭括約筋切開術施行後胆嚢摘出術の治療成績に関する検討
[第68回日本消化器外科学会総会(宮崎)2013.7.17]
前田晋平、髙橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、赤田昌紀、有明恭平、廣澤貴志、片平真人、内藤広郎
当科における大腸癌イレウスの治療成績
[第68回日本消化器外科学会総会(宮崎)2013.7.19]
菊池直彦、髙橋道長、上野達也、後藤慎二、佐藤俊、赤田昌則、廣澤貴志、内藤広郎
閉塞性大腸炎を合併したS状結腸がんの一例
[第166回東北外科集談会(青森)2013.9.14]
湯川友貴、赤田昌紀、廣澤貴志、前田晋平、上野達也、佐藤俊、後藤慎二、髙橋道長、内藤広郎
放射線性腸炎により、難治性腸閉塞とS状結腸回腸瘻をきたした1 例
[第166回東北外科集談会(青森)2013.9.14]
上野達也、髙橋道長、後藤慎二、佐藤俊、赤田昌紀、前田晋平、廣澤貴志、内藤広郎
絞扼性腸閉塞の診断、治療、および予後の検討
[第53回仙台地区臨床外科医会(仙台)2013.10.18]
髙橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀,前田晋平、廣澤貴志、内藤広郎
噴門側胃切除+空腸パウチ間置術後に腸管気腫症を伴うショックを併発し、再手術を行った一例
[第43回胃外科・術後障害研究会(新潟)2013.11.2]
前田晋平、髙橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀、廣澤貴志、内藤広郎
当科で経験した腸管原発T/NK細胞リンパ腫4例の検討
[第75回日本臨床外科学会総会(名古屋)2013.11.21]
有明恭平、髙橋道長、上野達也、内藤広郎
高齢者に対する癌治療方針(胃) 高齢者胃癌手術における長期予後の検討 他病死からみた高齢者胃癌における治療戦略について
[第75回日本臨床外科学会(名古屋)2013.11.21-23]
廣澤貴志、後藤慎二、髙橋道長、上野達也、佐藤俊、赤田昌紀、前田晋平、内藤広郎
当院におけるS状結腸軸捻転症の手術症例11例の検討
[第75回日本臨床外科学会(名古屋)2013.11.21-23]
上野達也、髙橋道長、佐藤俊、赤田昌紀
汎発性腹膜炎や膿瘍形成合併虫垂炎に腹腔鏡手術は有効か?
[第26回日本内視鏡外科学会(福岡)2013.11.28]
赤田昌紀、髙橋道長,後藤慎二、上野達也、佐藤俊、前田晋平、廣澤貴志、内藤広郎
術前TAEにて安全に切除し得た巨大脾腫の1例
[第1回日本臨床外科学会宮城県支部総会 (仙台)2014.1.25]
佐藤倫子、齋藤奈緒子、山内あゆみ、柏木健、大槻明美、内藤広郎
創部治療遅延のため長期間ストーマケアに難渋したプレドニン服用患者の1例
[日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(仙台)2014.2.22]
横澤真姫子、高橋直子、内藤広郎
ベバシズマブ中止後もストーマ近接部潰瘍の創傷治癒が遅延した1例
[日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(仙台)2014.2.22]
古積真矢、千葉由美、大槻明美、内藤広郎
円背・るい痩のため回腸ストーマ管理に難渋した高齢認知症の1例
[日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(仙台)2014.2.22]
我妻実果、小林美和、大槻明美、内藤広郎
Miles手術後にツーピース装具によるストーマの自己管理が可能になった片麻痺の1例
[日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(仙台)2014.2.22]
佐藤静恵、長岡明、和泉卓司、内藤広郎
骨盤臓器脱に対する保存療法と手術療法の下部尿路症状およびQOLに対する検討
[日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会(仙台)2014.2.22]
前田晋平、髙橋道長、後藤慎二、佐藤俊、上野達也、赤田昌紀、廣澤貴志、内藤広郎
保存的治療が奏効したプロテインC欠損症による上腸間膜静脈血栓症の1例
[第50回日本腹部救急医学会総会(東京)2014.3.7]
廣澤貴志、髙橋道長、後藤慎二、上野達也、佐藤俊、赤田昌紀、前田晋平、内藤広郎
閉塞性大腸炎を合併したS状結腸癌の一例
[第50回腹部救急医学会総会(東京)2014.3.7]

講演

内藤広郎
当院ストーマ外来の歩みと課題
[第2回栗原圏域がん医療講演会(栗原)2013.6.6]
内藤広郎
地域急性期病院における女性医師就労状況の現状と課題
[第7回宮城県医師会女性医師支援セミナー(仙台) 2013.6.15]
内藤広郎
医師の集まる自治体病院とは-生き残るための病院経営について考える-
[PHP政策力アップ講座(東京)2013.8.7]
内藤広郎
みやぎ県南中核病院の現状と課題
[村田町ロータリークラブ講演会(村田)2013.9.25]
内藤広郎
東日本大震災の経験と教訓-内陸部基幹病院が果たす役割について-
[伊賀市立上野総合市民病院勉強会(伊賀) 2013.12.6]
内藤広郎
みやぎ県南中核病院の現状と課題-開院11年の歩みと今後の展望-
[大河原町ロータリークラブ講演会(大河原)2013.12.12]
前田晋平
大腸癌イレウスの治療
[柴田郡医師会病診連携学術研修会(大河原)2014.3.17]