診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 医療安全管理室

その他部門・関連施設

医療安全管理室

医療安全管理室室長あいさつ

 当院は、医療安全管理者を中心に医療事故を防止するため日々安全対策に取り組んでいます。具体的には、院内の医療事故につながる事例への取り組みです。当院では全職員から報告された事例を収集し分析していますが、特定事例の安全対策については、医療安全推進部会・医療安全対策委員会で再検討することで、より有効な対策に練り上げております。その後、職員へ安全対策をフィードバックし安全文化の醸成に努めています。また、医療安全の研修にも積極的に取り組んでいます。
 当院ではこのように全職員が日々努力し医療事故防止対策に繋げていくことを目標にしています。

医療安全管理指針について

医療安全管理指針では医療安全に対する基本的な考え方として、

  1. 病院が患者さんの生命を守ることが使命であり、本来どんな些細なことであっても患者さんに損害(心身及び物理的損害)を与えてはならないこと。
  2. 人間はエラーを犯すものであることを前提とし安全な医療サービスを提供するために、個人とチーム全体でチェック機能を強化すること。
  3. 不幸にして、本来起きてはならない医療事故(ニアミス等を含む)が発生した場合は、その事故の適正な情報を収集し、適正に分析し対策を講じて再発防止することに努めること。
  4. 医療の安全性に関する教育・研修を全職員に対し積極的に行うこと。

をあげています。

次いで用語の定義、組織全体図と報告ルート、マニュアルの作成、医療事故防止体制の整備、医療事故のための具体的方策の推進、医療事故発生時の対応、患者さん及び家族からの相談等への対応をあげています。

当院の主な医療安全活動

○事例の収集と報告、対策立案

レベル 報告方法 患者への影響 集計と報告
0 用紙 間違いは発生したが、患者には実施されなかった場合 各部署で集計、部会・委員会に報告
1 各部署の端末から入力 患者に実施されたが実害はなかった。観察を強化し心身への配慮の必要性が生じた場合 医事課で集計、部会・委員会・医療事故情報収集等事業に報告
2 患者に実施されたことにより、バイタルサインに変化が生じ、観察の強化または検査の必要性が生じた場合
3

治療や処置の必要性が生じた場合

4 障害や後遺症が一生続く場合、又は、数年に亘る場合
5

事故が死因となった場合

 当院は公益財団法人 日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業に参加しています。 レベル1~5の事例はこの事業に報告しているため、この事業に参加している病院との比較ができ当院の傾向が分かります。
 報告された事例への対策は、各部署の責任者と安全推進部会員が中心となって検討(問題抽出・要因分析・対策立案)していますが、その中でも「患者の生命への影響が大きい事例」、「システムが整っていない為に発生した事例」、「多職種が関わっている事例」などについては医療安全推進部会や看護師長会議を経て医療安全対策委員会で再検討(問題抽出・要因分析・対策立案)しています。

○院内巡視

GRMによる巡視

○主な安全対策

  1. 患者確認
  2. 薬剤投与の注意義務原則(6Rの徹底、薬剤と指示の3回確認、声だし確認)
  3. ダブルチェック・指差し呼称
  4. リストバンド・PDA(携帯情報端末)使用で患者と薬剤を照合
  5. 1患者1トレイ
  6. プレフィールドシリンジの導入
  7. 塩化カリウム製剤は病棟に在庫しない
  8. 医師指示の約束事を決める
  9. インスリン指示の統一
  10. インスリンの種類を減らす
  11. 中心静脈栄養剤、抗癌剤は薬局で調剤
  12. 抗凝固薬の後発品リスト掲示
  13. 薬品オーダー入力は4文字入力とする
  14. 患者さんの個別性に合わせて内服薬を1包化
  15. 医療機器のセンター管理
  16. 輸液ポンプ・シリンジポンプチェックリストの活用
  17. 人工呼吸器チェックリストの活用
  18. 誤刺し防止機能付き穿刺針の採用

○2015年度全職員対象医療安全研修会

開催月 研修名
5月 ノンテクニカルスキル
6月 薬剤関連1
医療におけるコミュニケーション
7月 情報セキュリティ
KYT
9月 ノンテクニカルスキル(5月と同内容)
10月 説明に関するクレーム対応
12月 医療安全の取り組み報告会
医療におけるコミュニケーション
1月 情報セキュリティ(7月と同内容)
KYT
2月 薬剤関連2

○患者相談

患者さんや患者さんの家族からの医療内容に関する相談に対応しています。(TEL:0224-51-5500)