診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 人工透析室

人工透析室

基本方針

  1. 慢性腎不全に対する新規透析導入(血液透析・腹膜透析)や通院治療その他人工透析を要する疾患等、地域の医療機関では対応が困難な治療について実施します
  2. 患者さんのプライバシーと権利を守り、患者さんの意思を尊重します
  3. 患者さんの安全・安楽に心がけ、一人一人の患者さんが毎日体調良く過ごされますよう必要に応じて下肢筋力低下防止の運動やフットケアなどを取り入れながらサポートしています

運営体制

1部制で月グループ(月・水・金曜日)、火グループ(火・木・土曜日)

稼動ベット
14床
担当医師
泌尿器科医師 2名、内科医師 2名
臨床工学技士
1名(7名が交代で業務する)
看護師長
1名(手術室師長兼務)
看護師
9名
血液透析
入室時間:通院患者 9:15~9:30、入院患者 10:30~
穿刺開始:9:30~
腹膜透析
1回/月 予約制で受診 15:00~

業務概要

 緊急透析や慢性腎不全からの透析導入、他科治療目的・透析合併症にて他施設から入院した方の透析を行っています。
 当院通院の維持透析患者さんは体に優しい透析を目指し4~6時間透析をしています。