診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 診療科 歯科口腔外科

診療科

歯科口腔外科

診療の概要

  1. 口腔(くちのなか)、顎骨(あごのほね)、顎関節(耳の前のあごのかんせつ)、顔面(口に近いかおの部分)、頚部(くび)などの腫れ・痛み・けがなどの病気を治療します。
  2. 手術後の腫れ・痛みがひどい症例や歯科治療が怖い患者様には入院、全身麻酔での治療に対応しています。
  3. 地域の医師、歯科医師と連携し口腔外科疾患難症例、救急症例に的確に対応しています。
  4. 東北大学病院口腔外科専門医と連携し口腔内科疾患(口の中の痛みなどに対する薬物療法)、インプラント(人工歯根)手術に対応します。
  5. 当科は歯科2次医療施設であり、より専門的な疾患、高度重症例は東北大学病院、がんセンターなどに紹介しています。
  6. 口腔ケア(お口をきれいにするお手入れ)を行うと手術患者の在院日数や合併症の減少がみられます。当科では口内炎が起きやすいがん化学療法中の患者様や手術前の患者様、他に各科から依頼のあった患者様に口腔ケアを行なっております。
  7. 一般的な歯科治療(お近くの歯科医院で対応できる、むし歯、入れ歯、差し歯、歯槽膿漏治療など)は紹介状が無い場合は基本的には行っておりません。

疾患等の取組み

 地域の歯科医師より紹介が多いのは有病者の抜歯、埋伏歯(顎の骨に埋まっている歯)です。抜歯後の痛み・腫れを少なくするよう努力しています。

外来

歯科口腔外科外来は病院2階の外来3にあります。通常治療の歯科ユニット3台、体を固定できる歯科ユニット1台で診療しています。

特別検査・診療の項目など

東北大学と協力し、歯科インプラント外来、顎関節・顔面口腔疼痛(口腔内科)外来の開設を検討しております。また、当院リハビリテーション科と連携し口腔癌術後の摂食・嚥下機能訓練などの実施も検討しております。

診療実績統計

区分 / 年度 2014 2015 2016
入院患者 67 69 67
全身麻酔 46 54 59
外来オペ・他 21 15 8
外来患者
新患 1,662 1,769 1,827
再来 5,391 5,681 5,827

ドクター紹介

医師名 認定医/専門医等 得意な分野
主任部長
伊藤 正健
日本口腔外科学会認定口腔外科専門医
東北大学歯学部臨床教授(口腔外科)
宮城県緩和ケア研修会受講済
口腔腫瘍、唇顎口蓋裂、顎変形症(要歯科矯正)の外科治療
顎顔面口腔外傷および難症例の抜歯
主任部長
君塚 哲
日本口腔外科学会専門医・指導医 
日本がん治療暫定教育医
 

発表等

○全国学会発表

君塚哲、熊本裕行、伊藤正健
舌下腺に発生した明細胞癌の1例
[第62回日本口腔外科学会総会・学術大会(京都)2017.20-22]

○講演

伊藤正健
周術期の口腔ケアの必要性と実践について
[第8回宮城県南登録医会(大河原)2017.6.30]

歯科口腔外科 過去の業績

【2016(平成28)年度】

○全国学会発表

君塚哲、伊藤正健
原発巣切除1年後に後発転移を生じた上顎歯肉癌の1例
[第61回日本口腔外科学会総会・学術大会(幕張)2016.11.25-27]

【2015(平成27)年度】

○全国学会発表

君塚哲、伊藤正健
ガス産生蜂窩織炎の1例
[第59回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会(名古屋)2015.10.17-19]

○講演

君塚哲
病院歯科における口腔外科的疾患について
[岩沼歯科医師会学術集会(岩沼)2015.9.12]
君塚哲
病診連携 インプラント治療および口腔外科的疾患について
[柴田郡歯科医師会学術集会(中核病院)2016.3.5]

【2014(平成26)年度】

○学会発表

野上晋之介、松井桂子、君塚哲、越後成志、高橋哲
口蓋形成手術後の臨床的検討
[第59回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会(千葉)2014.10.18]

○講演

君塚哲
口腔外科における骨移植について
[第2回宮城県南登録医会(大河原)2014.6.13]
君塚哲
がん患者の口腔ケアについて-病院歯科における周術期口腔機能管理-
[平成26年度仙南地区在宅ホスピスケア連絡会総会・研修会(大河原)2014.9.20]

【2013(平成25)年度】

○論文

川井忠、廣谷拓章、君塚哲、樋口景介、熊本裕行、高橋哲、越後成志
下顎正中に生じた巨大なエナメル上皮腫の1例
東北大歯誌. 2013;32(1):17-21

○学会発表

松井桂子、君塚哲、小山重人、越後成志、高橋哲
唇顎口蓋裂成人の1症例を考える
[第37回日本口蓋裂学会総会(佐賀)2013.5.30-31]
田沼裕志、田中謙光、川井忠、君塚哲、高橋哲
当科における歯科インプラント治療の臨床統計学的検討
[第33回日本口腔インプラント学会 東北・北海道支部総会・学術大会(弘前)2013.11.2-3]