診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 診療科 脳神経内科

診療科

脳神経内科

診療の概要

1)脳の救急救命センター:

脳卒中・けいれん・髄膜炎など、脳の急性期疾患に素早く対応する脳の救急の専門医チームです。

2)地域の神経疾患センター:

脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気について、正確な診断・適切な治療・わかりやすい説明など、高度な医療を提供する 脳神経内科の専門医チームです。

3)神経内科専門医を養成する臨床センター:

神経内科専門医が3名、日本神経学会の教育施設となっております。後期研修医を随時募集しています。

診療の特徴

1)全ての脳卒中をすばやく治療する脳卒中センター

 脳神経内科では,脳神経外科と協力して,24時間の受け入れ体制で,CT,MRIなどを緊急検査し,救命と集中的治療にすばやく対応する「脳卒中センター」を構成しています。地域で発症する脳卒中の全てを受け入れる「脳卒中センター」です。
 脳卒中は,日本人の死亡原因の第3位,そして「寝たきり」になる原因の第1位の病気です。脳卒中がこわいのは,麻痺や失語や痴呆の後遺症をのこし,元気で暮らせる健康寿命を縮める原因になるからです。後遺症を軽くして寝たきりを防ぐためには,早期からリハビリを開始することが大事。みやぎ県南中核病院では,急性期からのリハビリ,そして連日のリハビリ(休日にもリハビリ実施)に力を入れています。
 脳卒中の予防,再発予防も,脳神経内科の重要な仕事です。高血圧,糖尿病,不整脈などの生活習慣病を総合的に判断し,再発予防の薬,生活指導などに取り組んでいます。

2)頭痛,めまい,もの忘れ,は脳神経内科

 頭痛,めまい,しびれ,手足の力が抜けた,からだの動きが悪い,などの症状で困った時には,脳神経内科に相談してください。ていねいな問診と診察,そしてMRIなどの高度な検査機器で病気を診断し治療します。
 もの忘れも,重要な病気です。脳のヤセ(萎縮)からくるアルツハイマー病,パーキンソン病と類縁のレビー小体病,特殊な精神症状が目立つ前頭側頭型認知症,そして,脳血管障害が原因の脳血管性認知症など,もの忘れ=認知症と言っても様々です。これらの原因を確かめ,適切な治療に結びつけることも,脳神経内科の重要な役割です。

3)神経難病こそ脳神経内科の専門です

  • 手のふるえや動作の緩慢さで発症するパーキンソン病
  • バランスが悪く歩行が困難となる脊髄小脳変性症
  • 筋肉がやせて力が抜ける筋萎縮性側索硬化症
  • 若年者に多く再発を繰り返す多発性硬化症
  • 筋肉と神経の接合部に病気の本態がある重症筋無力症

 これらは「神経難病」ですが,新しい薬や治療法ができています。MRIなどの診断機器も進歩して,診断の精度が上がっています。これら神経難病こそ脳神経内科の専門です。

4)神経内科専門医の養成施設です

 日本神経学会認定の研修施設です。もちろん,厚生労働省が認める医師の臨床研修病院に指定されています。
 初期研修ばかりでなく,脳神経内科専門医をめざす後期研修医の指導・養成に力を入れています。みやぎ県南中核病院脳神経内科は,神経内科専門医が3名、神経内科専門医を養成する臨床施設です。

診療実績統計

臨床統計

項目 / 年度 2017 2018 2019
退院患者数 567 572 582
外来患者数 8,433 8,557 7,927
平均在院日数 16.8 15.1 15.0

ドクター紹介

医師名 認定医/専門医等
脳卒中副センター長
黒田 宙
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
科長
加藤 量広
日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本てんかん学会認定てんかん専門医
日本臨床神経生理学会専門医(脳波分野、筋電図・神経伝導分野)
科長
大嶋 龍司
日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
医員
船山 由希乃

非常勤医

医師名 所属 認定医/専門医等
四條 友望 東北大学医学部神経内科

発表等

○論文

Inoue-Shibui A, Kato M, Suzuki N, Kobayashi J, Takai Y, Izumi R, Kawauchi Y, Kuroda H, Warita H, Aoki M.
Interstitial pneumonia and other adverse events in riluzole-administered amyotrophic lateral sclerosis patients : a retrospective observational study.
[BMC Neurology. 2019; Vol.19(1): p.72. doi: 10.1186/s12883-019-1299-1]
Nakamura N, Izumi R, Hoshi Y, Takai Y, Ono R, Suzuki N, Nagai T, Ishii Y, Ishii T, Harigae H, Okada S, Aiba S, Okiyama N, Fujimoto M, Kuroda H, Tateyama M, Aoki M.
FDG-PET detects extensive calcinosis cutis in anti-NXP2 antibody-positive dermatomyositis.
[Rheumatology (Oxford). 2019; Vol.58(10): p.1888. doi: 10.1093/rheumatology/kez083]
Nakamura T, Takai Y, Kaneko K, Kuroda H, Misu T, Asanuma K, Saito R, Aoki M.
T-cell Lymphoma Presenting Neutrophilic Inflammation in the Cerebrospinal Fluid: A Case Report.
[Internal Medicine. 2020; Vol.59(4): pp.573-576. doi: 10.2169/internalmedicine.3093-19]
黒田宙、藤原一男
補体標的治療の現状と展望 3.視神経脊髄炎
[Brain and Nerve. 2019; Vol.71(6): pp.573-580]
黒田宙
免疫介在性中枢神経疾患治療の進歩
[神経治療学. 2019; Vol.36(5):pp.573–575]

○国際学会発表

Hiroshi Kuroda, Yoshiki Takai, Shuhei Nishiyama, Toshiyuki Takahashi, Tatsuro Misu, Ichiro Nakashima,Kazuo Fujihara, Masashi Aoki.
Endothelial damage in patients with neuromyelitis optica spectrum disorder with aquaporin-4 IgG.
[35th Congress of the European Committee of Treatment and Research in Multiple Sclerosis (ECTRIMS)(Stockholm) 2019.9.11-13]
Hiroshi Kuroda, Yoshiki Takai, Shuhei Nishiyama, Toshiyuki Takahashi, Tatsuro Misu, Ichiro Nakashima,Kazuo Fujihara, Masashi Aoki.
Endothelial damage in patients with neuromyelitis optica spectrum disorder with aquaporin-4 IgG.
[12nd Congress of the Pan-Asian Committee of Treatment and Research in Multiple Sclerosis (PACTRIMS)(Singapore) 2019.11.13-15]
Hiroshi Kuroda
The role of complement in neuroimmunological diseases.
[Morning Seminar, 12nd Congress of the Pan-Asian Committee of Treatment and Research in Multiple Sclerosis (PACTRIMS) (Singapore) 2019.11.13-15]

○全国学会発表

Hiroshi Kuroda, Yoshiki Takai, Shuhei Nishiyama, Toshiyuki Takahashi, Tatsuro Misu, Ichiro Nakashima,Kazuo Fujihara, Masashi Aoki.
Endothelial damage in patients with neuromyelitis optica spectrum disorder with aquaporin-4 IgG.
[第60回日本神経学会学術大会(大阪)2019.5.22-25]
Kazuhiro Kato
Seizures in the emergency department: benefits and limitations of clinical guidelines.
[第60回日本神経学会学術大会(大阪)2019.5.24]
此松和俊、黒澤和大、佐藤一輝、武井健太郎、清水洋
可逆性後部白質脳症症候群における拡散強調画像とArterial Spin Labeling の有用性
[第60回日本神経学会学術大会(大阪)2019.5.22-25]
佐々木大岳、加藤量広、武山みほ、成川孝一、佐藤僚祐、眞野唯、石川修一、及川崇紀
脳卒中急性期の入院患者の食事に対する管理栄養士介入による効果
[第60回日本神経学会学術大会(大阪)2019.5.24]
鈴木龍太郎、加藤量広、成川孝一、佐藤僚祐、眞野唯、石川修一、及川崇紀
当院における脊髄硬膜外血腫9例の検討
[第60回日本神経学会学術大会(大阪)2019.5.25]
市川誉、加藤量広、成川孝一、佐藤僚祐、及川崇紀
当院救急外来におけるジアゼパム注射薬の使用状況
[第60回日本神経学会学術大会(大阪)2019.5.25]
黒田宙
視神経脊髄炎病態への補体関与と抗補体治療の現況
[第56回日本補体学会学術集会(東京)2019.8.23-24]
此松和俊、加藤量広、大嶋龍司、黒田宙
抗認知症薬とヒスタミンH1受容体拮抗薬の併用により誘発された非てんかん性不随意運動をビデオ脳波で鑑別し得た1例
[第49回日本臨床神経生理学会学術大会(福島)2019.11.28-30]
藤田光、三浦祐太郎、加藤量広、大友智
当院における集中治療室での長時間ビデオ脳波モニタリングの検討
[第49回日本臨床神経生理学会学術大会(福島)2019.11.28]

○地方学会・研究会発表

斉藤有佳、此松和俊、大嶋龍司、加藤量広、望月廣、黒田宙、椙澤貴志、近藤敬一
MRI拡散強調画像で両側錐体路に異常信号を呈した低血糖脳症の1例
[第104回日本神経学会東北地方会(青森)2019.8.31]

○研究会・講演会

黒田宙
炎症性中枢神経疾患診断における血管周囲造影所見の意義
[第135回神経放射線カンファランス(仙台)2019.6.7]
石川孝太郎、此松和俊、大嶋龍司、加藤量広、黒田宙
意識障害を急性発症し小脳虫部にDWI高信号域を認めた1例
[第15回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2019.6.20]
此松和俊、加藤量広、大嶋龍司、黒田宙
当院でのフィコンパの使用経験
[第2回仙南地域医療連携セミナー(大河原)2019.8.28]
黒田宙
薬剤による脱髄性ニューロパチーの報告
[宮城ニューロパチーセミナー(仙台)2019.9.18]
加藤量広
てんかん? 鑑別診断の方略
[石巻神経疾患医療連携講演会(石巻)2019.10.17]
武内広樹、此松和俊、大嶋龍司、加藤量広、黒田宙
無菌性髄膜炎で発症し非典型的な経過をたどった1例
[第16回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2019.11.21]
加藤量広
当院での急性症候性発作とてんかん
[宮城県南神経内科勉強会(仙台)2019.12.5]
此松和俊、加藤量広、大嶋龍司、黒田宙
身震い様の不随意運動を呈した1例
[動画を用いた神経学勉強会(仙台)2020.2.14]
此松和俊、加藤量広、大嶋龍司、黒田宙
当院におけるペランパネルの使用経験
[第3回仙南地域医療連携セミナー(大河原)2020.2.21]

過去の業績

【2018(平成30)年度】

○論文

Yoshimura S, Koga M, Sato S, Todo K, Yamagami H, Kumamoto M, Itabashi R, Terasaki T, KimuraK, Yagita Y, Shiokawa Y, Kamiyama K, Okuda S, Okada Y, Takizawa S, Hasegawa Y, Kameda T, Shibuya S, Nagakane Y, Ito Y, Matsuoka H, Takamatsu K, Nishiyama K, Fujita K, Kamimura T, Ando D, Ide T, Yoshimoto T, Shiozawa M, Matsubara S, Yamaguchi Y, Kinoshita N, Matsuki T,Takasugi J, Tokunaga K, Higashida K, Homma K, Kario K, Arihiro S, Toyoda K; SAMURAI Study Investigators.
Two-Year Outcomes of Anticoagulation for Acute Ischemic Stroke With Nonvalvular Atrial Fibrillation - SAMURAI-NVAF Study.
[Circ J. 2018 Jun 25;82(7):1935-1942. doi: 10.1253/circj.CJ-18-0067. Epub 2018 Jun 1.]
Tokunaga K, Koga M, Itabashi R, Yamagami H3 Todo K, Yoshimura S, Kimura K, Sato S, Terasaki T, Inoue M, Shiokawa Y, Takagi M, Kamiyama K, Tanaka K, Takizawa S, Shiozawa M, Okuda S, Okada Y, Kameda T, Nagakane Y, Hasegawa Y, Shibuya S, Ito Y, Matsuoka H, Takamatsu K, Nishiyama K, Kario K, Yagita Y, Fujita K, Ando D, Kumamoto M, Arihiro S, Toyoda K; SAMURAI Study Investigators.
Prior Anticoagulation and Short- or Long-Term Clinical Outcomes in Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack Patients With Nonvalvular Atrial Fibrillation.
[J Am Heart Assoc. 2019 Feb 5;8(3):e010593. doi: 10.1161/JAHA.118.010593.]

○全国学会発表

菅野重範, 森悦朗
Preoperative thalamic volume predicts shunt response in idiopathic normal pressure hydrocephalus
[第59回日本神経学会学術大会(札幌)2018.5.23-26]
菅野重範,成田渉,小林絵礼奈,鈴木匡子,豊島正子,渋谷聡,菊池寛昭
特発性正常圧水頭症における持続性注意と反応抑制の障害
[第20回日本正常圧水頭症学会(高槻)2019.2.23]

○地方会・研究会発表

豊嶋昌弥,大嶋龍司,宮澤康一,澁谷聡
後下小脳動脈に限局した解離性動脈瘤の1例
[第102回日本神経学会東北地方会(仙台)2018.9.22]
富田侑希,豊嶋昌弥,大嶋龍司,宮澤康一,澁谷聡
脊髄長大病変を呈した梅毒性髄膜炎の1例
[第216回日本内科学会東北地方会(仙台)2019.2.16]

【2017(平成29)年度】

○論文

Tokunaga K, Yamagami H, Koga M, Todo K, Kimura K, Itabashi R, Terasaki T, Shiokawa Y, Kamiyama K, Takizawa S, Okuda S, Okada Y, Kameda T, Nagakane Y, Hasegawa Y, Shibuya S, Ito Y, Matsuoka H, Takamatsu K, Nishiyama K, Kario K, Yagita Y, Kitazono t, Kinoshita N, Takasugi J, Okata T, Yoshimura S, Sato S, Arihiro S, Toyoda K, SAMURAI Study Investigators.
Associations between Pre-Admission Risk Scores and Two-Year Clinical Outcomes in Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack Patients with Non-Valvular Atrial Fibrillation. [Cerebrovasc Dis. 2018; Vol.45(3-4): pp.170-179]

○著書

平山和美、菅原由恵、菅野重範
視覚 Ch.28 視覚性注意障害(背側型同時失認) [平山和美(編著)『高次脳機能障害の理解と診察』中外医学社, 2017]

○国際学会発表

Shigenori Kanno, Etsuro Mori
A change in brain white matter after shunt surgery in idiopathic normal pressure hydrocephalus. [XXIII World Congress of Neurology(Kyoto)2017.9.16-21]
Shigenori Kanno, Etsuro Mori
Preoperatine evaluation of thalamic volume might predict shunt responsiveness in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus [Hydrocephalus 2017(神戸)2017.9.23-25]

○地方学会・研究会発表

竹内洋平
後大脳動脈の圧迫により発症した動眼神経麻痺の一例 [第11回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2017.6.22]
菅野重範、大嶋龍司、望月廣、澁谷聡
L-DOPAの投与中止によりカタトニアが改善したパーキンソン病の1例 [第100回日本神経学会東北地方会(盛岡)2017.9.30]
松原史歩、宮澤康一、菅野重範、澁谷聡
Bickerstaff型脳幹脳炎と鑑別を要した橋本脳症の1例 [第100回日本神経学会東北地方会(盛岡)2017.9.30]
遠藤龍眞、大嶋龍司、望月廣、澁谷聡
遺伝性低K性周期性四肢麻痺が疑われた1例 [第101回日本神経学会東北地方会(仙台)2018.3.10 ]
竹内洋平、宮澤康一、松原史歩、菅野重範、澁谷聡
ミトコンドリア神経性胃腸管系脳筋症(MNGIE)の1例 [第101回日本神経学会東北地方会(仙台)2018.3.10]

○講演

澁谷聡
遺伝性脳小血管病から学ぶこと-抗凝固薬など薬剤選択も含めて-脳ドック経由で診断に至ったCADASILの未発症例 [Vascular Neurologistsの会(仙台)2017.6.15]
菅野重範
行動神経学からみるパーキンソン病とレビー小体型認知症 [仙南パーキンソン病学術講演会(岩沼市)2017.7.27]
澁谷聡
パネルディスカッション [Epilepsy Symposium in 宮城(仙台)2017.8.30]
松原史歩
てんかんと考えたら脳梗塞であった症例 [Vascular Neurologists(仙台)2017.11.30]
澁谷聡
中脳水道閉塞症の1例 [第15回動画をもちいた神経学勉強会(仙台)2018.2.9]

【2016(平成28)年度】

○地方学会・研究会発表

斉藤有佳、菅野重範、宮澤康一、澁谷聡、下田楓美子、今泉瑠美子、鈴木直輝、竪山真規
原発性アミロードーシスの1例 [第98回日本神経学会東北地方会(山形)2016.9.10]
松原史歩、菅野重範、宮澤康一、望月廣、澁谷聡
脳梗塞とほぼ同時発症した痙攣発作(onset seizure)の1例 [第98回日本神経学会東北地方会(山形)2016.9.10]

【2015(平成27)年度】

○論文

小川諒、及川崇紀、四條友望、菅野重範、澁谷聡、望月廣
アザチオプリン内服によりposterior reversible encephalopathy syndromeを発症した1例[臨床神経. 2015; Vol.55(12): pp.936-939]
Hiraoka K, Narita W, Kikuchi H, Baba T, Kanno S, Iizuka O, Tashiro M, Furumoto S, Okamura N, Furukawa K, Arai H, Iwata R, Mori E, Yanai K
Amyloid deposits and response to shunt surgery in idiopathic normal-pressure hydrocephalus.[J Neurol Sci. 2015; Vol.356: pp.124-128]

○地方学会・研究会発表

澁谷聡
脳卒中診療における脳内科の課題 ~DSAとTEEを自前で行う必要性~[脳卒中診療勉強会(仙台)2015.5.27 ]
菅野重範
救急外来で診るレビー小体型認知症[Dementia Meet the Expert in SENDAI 2015(仙台)2015.5.28]
庄司裕美子
健忘失語の一例[第7回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2015.6.18]
福井健人、中原岩平、菅野重範、望月廣、澁谷聡
歩行失行の1例[第96回日本神経学会東北地方会(福島)2015.9.26]
渡辺靖章、菅野重範、宮澤康一、望月廣、澁谷聡
3次元脳血管撮影にてPercheron動脈を同定し得た脳底動脈先端症候群の1例[第96回日本神経学会東北地方会(福島)2015.9.26]
川村佳史
当院におけるアルテプラーゼ静注療法の検討[第8回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2015.12.3]
澁谷聡、安藤大祐
[経食道心エコー勉強会,パネルディスカッション(仙台)2015.12.9]
中原岩平
脳血管造影検査後の頭部MRI画像の検討[Stroke Neurologistの会(仙台)2016.1.23]
安藤大祐
発語失行が遷延した左被殻硬塞の1例[第4回SNCRS(Sendai Neurology Cognitive Research Seminar)(仙台)2016.2.17]
中原岩平、宮澤康一、望月廣、澁谷聡
左房内に異常構造物を認めた脳塞栓症の一例[第97回日本神経学会東北地方会,動画演題(仙台)2016.3.5 ]
下田楓美子、安藤大祐、菅野重範、澁谷聡
脳動脈瘤クリッピング術後に発症した脳膿瘍の一例[第97回日本神経学会東北地方会(仙台)2016.3.5]

【2014(平成26)年度】

○論文

四條友望、菅野重範、澁谷聡、及川祟紀、大沼歩、望月廣
てんかん発作による純粋語聾の1例[臨床神経. 2014;54:726-731]

○学会発表

菅野重範、森悦朗
特発性正常圧水頭症における反応抑制能力の障害に関連する大脳白質の障害部位[第55回日本神経学会総会(福岡)2014.5.21-24]
馬場徹、小田桐逸人、岩崎真樹、金田朋洋、菅野重範
パーキンソン病合併が疑われる特発性正常圧水頭症の臨床・画像的特徴についての研究[第55回日本神経学会総会(福岡)2014.5.21-24]
平岡宏太良、成田渉、菊池大一、馬場徹、菅野重範
特発性正常圧水頭症における脳内アミロイド沈着とシャント術による治療反応性の関連[第55回日本神経学会総会(福岡)2014.5.21-24]
江面道典、西山修平、遠藤俊毅、菅野重範、小野紘彦
ステロイド反応性の再発性多発神経障害をきたし、馬尾生検で確診にいたったDLBCLの1例[第55回日本末梢神経学会(京都)2014.8.29-30]
中原岩平、澁谷聡、望月廣、菅野重範
LSA 領域の脳梗塞における予後不良因子の検討[第94回日本神経学会東北地方会(秋田)2014.9.6]
菅原歩、鈴木郁、菅野重範、及川崇紀
リステリア髄膜炎の2例[第94回日本神経学会東北地方会(秋田)2014.9.6]
寺尾千秋、澁谷聡、菅野重範、及川崇紀、望月廣
再発したGuillain-Barre 症候群の1例[第95回日本神経学会東北地方会(仙台)2015.3.14]
田中裕、及川崇紀、菅野重範、澁谷聡、望月廣
3T-MRIによる内頚動脈解離性病変の評価[第95回日本神経学会東北地方会(仙台)2015.3.14]

○研究会・講演会

中原岩平
ASL(arterial spin labeling)が病態の評価に有用であった症例[第5回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2014.6.19
(最優秀演題賞受賞)]
中原岩平
脳虚血とASL[第87回神経疾患症例検討会(仙台)2014.7.18]
齋藤秀悠
てんかんとASL[第87回神経疾患症例検討会(仙台)2014.7.18]
澁谷聡
その他の疾患とASL[第87回神経疾患症例検討会(仙台)2014.7.18]
澁谷聡
判断ミスを繰り返し対応が遅れた小脳梗塞の1例[第6回仙台神経内科臨床勉強会(仙台)2014.12.4]
菅野重範
当院におけるレビー小体型認知症の診療[第6回仙南認知症の会(岩沼)2015.3.4]

【2013(平成25)年度】

○論文

Takagi M, Ishigaki Y, Uno K, Sawada S, Imai J, Kaneko K, Hasegawa Y, Yamada T, Tokita A, Iseki K, Kanno S, Nishio Y, Katagiri H, Mori E
Cognitive dysfunction associated with anti-glutamic acid decarboxylase autoimmunity: a case-control study. [BMC Neurology. 2013;13:76.]

○国内学会発表

菅野重範、森悦朗
特発性正常圧水頭症におけるシャント術後の脳白質変化:拡散テンソル画像を用いた検討[第54回日本神経学会総会(東京)2013.5.29-6.1]
遠藤彰、澁谷聡、及川崇紀、望月廣
小脳梗塞を併発したクリプトコッカス髄膜炎の1例[第92回日本神経学会東北地方会(青森)2013.8.31]
澁谷聡、遠藤彰、菅野重範、望月廣
特異な画像を呈した転移性脳腫瘍の1例[第92回日本神経学会東北地方会(青森)2013.8.31]
林昌伸、及川崇紀、菅野重範、澁谷聡、望月廣
リウマチ性脳軟膜炎の脳生検例[第93回日本神経学会東北地方会(仙台)2014.3.8]
湯川友貴、菅野重範、及川崇紀、澁谷聡、望月廣
Guillain-Barre症候群様の症状を呈した悪性リンパ腫の1例[第93回日本神経学会東北地方会(仙台)2014.3.8]

○国際学会発表

Kanno S, Saito M, Kashinoura T, Mori E
The cerebral white matter lesions associated with a deficit in response suppression in idiopathic normal pressure hydrocephalus.[Hydrocephalus 2013 (Athens)2013.6.29-7.2]
Baba T. Kanno S, Iizuka O, Iwasaki M, Mori E
Thickened membranous structure in the prepontine cistern is an underdiagnosed cause of normal pressure hydrocephalus.[Hydrocephalus 2013 (Athens)2013.6.29-7.2]
Kanno K, Sekiguchi Y, Iizuka O, Baba K, Kanno S, Mori E
A need for assessment of balance in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus.[Hydrocephalus 2013 (Athens)2013.6.29-7.2]

○研究会・講演会

澁谷聡
パーキンソン病の病態と治療[パーキンソン病勉強会講演(大河原)2014.2.26]
澁谷聡
右総頚動脈閉塞の1例[動画を用いた神経学勉強会(仙台)2014.3.14]
菅野重範
認知症性疾患の鑑別診断 [宮城県言語聴覚士会-第2回仙南地域勉強会(大河原)2014.3.13]