診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 診療科 腫瘍内科

診療科

腫瘍内科

診療の概要

 腫瘍内科の診療は、「各種進行がんに対する薬物治療」と、「緩和ケアの提供」が大きな柱です。がんを手術で切除した後の再発予防のための治療(術後補助化学療法といいます)や、手術後の再発がん、手術不能の進行がん、転移がんなどに対する治療は、抗がん剤を主とした薬物療法で行います。最近は、従来のいわゆる「抗がん剤」だけではなく、「分子標的薬」といわれる新薬が多数使用可能となっており、治療の実施にはより高い専門性が必要になっています。当院では、他の診療科との連携も密に行っており、また東北大学腫瘍内科の全面的な協力を得て、質の高い標準的治療を提供できるように努めています。緩和ケアに関しては、がんと診断された早期から専門的な緩和ケア介入ができるように、多職種からなる緩和ケアチームを編成して活動しています。

診療の特徴

 当科で対象とするがんは、主に消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆のうがん、胆管がんなど)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、乳がん、原発不明がんなどです。肺がん、腎臓がん、前立腺がん、尿路がん、子宮がん、卵巣がん、皮膚がん、骨軟部肉腫などのがんについても、院内外の専門医と連携をして、治療を行っています。当院には、日本がん治療認定医機構のがん治療認定医・暫定教育医や日本臨床腫瘍学会の暫定指導医、さらにがん化学療法看護認定看護師が在籍しており、毎日行っている多職種参加の症例カンファレンスや、定期的に開催するキャンサーボード(多診療科・多職種の参加するカンファレンス)で、最適な治療方針を検討・決定しています。また随時、東北大学のがん薬物療法専門医と治療方針の検討を行っています。抗がん剤の投与はほとんどが外来で行っており、通常の生活を続けながら治療ができるように配慮しています。抗がん剤治療のために入院する必要はほとんどありません。
対応困難な難治がんや希少ながん、白血病や特殊な悪性リンパ腫に関しては、東北大学や宮城県立がんセンターと連携して、治療に遅延のないように紹介しています。
また、積極的に多施設共同臨床試験に参加して、新しい治療法の開発に寄与するように努めています。

 緩和ケアは、がんの終末期にのみ行うものではなく、早期から行うことによって、適切な治療の継続が可能になり、結果として治療効果も改善されます。また、不幸にしてがんが悪化して有効な治療手段がなくなった場合でも、できるだけ苦痛の少ない、QOL(生活の質)の高い療養生活を送れるように努めています。患者さんやご家族の希望に応じて、在宅緩和ケアや緩和ケア病棟への紹介も行っています。緩和ケアチームには、医師の他に、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床心理士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種が参加して、週一回の緩和ケア回診を行い、最適なケアの方針を検討しています。当院には、日本緩和医療学会暫定指導医、緩和ケア認定看護師、緩和薬物療法認定薬剤師が在籍しており、専門性の高い緩和ケアを提供できる体制が整っています。また、仙南地区在宅ホスピスケア連絡会に参加しており、地域の医療機関、介護施設、薬局、訪問看護ステーション、保健福祉事務所などと連携して、がん患者の病院外での継続的なケアを支援しています。
また、がん診療相談支援センターや、セカンドオピニオン外来などを通して、がん患者さんの支援を実施しています。
セカンドオピニオンをご希望の方は、当ホームページの「セカンドオピニオン外来のご案内」をご覧下さい。

診療実績統計

項目 / 年度 2012 2013 2014 2015 2016
入院延べ患者数 3,903 4,222 3,783 2,847 1,080
外来延べ患者数 4,274 4,826 5,274 5,151 4,065

ドクター紹介

医師名 認定医/専門医等
腫瘍センター長
杉山 克郎
日本内科学会総合内科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本緩和医学会認定暫定指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法暫定指導医
宮城県緩和ケア研修会受講済
東北大学医学部臨床教授(腫瘍内科)

非常勤医

医師名 所属 認定医/専門医等
小峰 啓吾 東北大学腫瘍内科 助教 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
城田 英和 東北大学腫瘍内科 准教授 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
高橋 昌宏 東北大学腫瘍内科 助教 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
大内 康太 東北大学腫瘍内科 助教
今井 源 東北大学腫瘍内科 助教 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
工藤 千枝子 東北医科薬科大学腫瘍内科 助教 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

【2015(平成27)年度】

○論文

工藤千枝子、二井谷友公、和田仁、佐藤悠子、市川園子、井上正広、杉山克郎
悪性腫瘍による脊髄圧迫に対する診断から放射線治療開始までの遅延の後方視的解析
[Palliative Care Research. 2015; Vol.10(3): pp.305-309]

○全国学会発表

菊地浩子、高橋直子、杉山克郎、二井谷友公、上野達也、佐藤俊、前田晋平、赤田昌紀、和泉卓司、川村裕子
地域急性期病院におけるがん患者スクリーニングの実態と課題
[第20回日本緩和医療学会学術大会(横浜)2015.6.18-20]
杉山克郎、二井谷友公、武田さち子
長期の休薬期間をはさみ化学療法を継続している転移性直腸癌の1例
[第13回日本臨床腫瘍学会学術大会(札幌)2015.7.16-18]
武藤健史、山寺文博、半沢秀樹、小原竜、田中敏、佐藤益男、杉山克郎
化学療法患者のB型肝炎再活性化スクリーニングに対する薬剤師介入の影響
[第54回全国自治体病院学会(函館)2015.10.8-9]

○地方学会・研究会発表

和田仁、藤本圭介、佐藤友美、杉山克郎、二井谷友公、工藤千枝子
胃十二指腸の腫瘍出血に対する止血目的の1日8Gy短期緩和的放射線治療
[第19回東北緩和医療研究会(郡山)2015.10.31]

○講演

杉山克郎
当院の緩和ケア病棟について
[第4回宮城県南登録医会,特別講演(大河原)2015.6.12]
杉山克郎
患者と考え、地域で支えるがん医療
[仙南地区在宅ホスピスケア連絡会・宮城県仙南保健所・角田市主催
平成27年度緩和ケア講演会市民公開講座(角田)2016.1.30]
杉山克郎
早期からのがん治療と緩和ケアの融合に向けて
[がんの治療と緩和ケア講演会 2016.2.5]

腫瘍内科 過去の業績

2014(平成26)年度

○学会発表

和田仁、佐藤友美、藤本圭介、工藤千枝子、二井谷友公、杉山克郎
腫瘍出血に対する止血目的の1日8Gy短期緩和照射 [第19回日本緩和医療学会学術大会(神戸)2014.6.19-21]
菊地浩子、杉山克郎、武田さち子、高野祐紀、高橋直子、工藤千枝子、二井谷友公
地域急性期病院の外来における、がん患者カウンセリングの現状報告 [第19回日本緩和医療学会学術大会(神戸)2014.6.19-21]
武田さち子、菊地浩子、横澤真姫子、高橋直子、山寺文博、工藤千枝子、二井谷友公、杉山克郎
多職種介入による有害事象対策でレゴラフェニブ継続可能となった症例 [第12回日本臨床腫瘍学会学術集会(福岡)2014.7.17-19]
工藤千枝子、二井谷友公、杉山克郎
全身骨転移・骨髄転移およびDICを合併した進行胃癌の臨床的特徴と化学療法の検討 [第52回日本癌治療学会学術集会(横浜)2014.8.28-30]

○講演

杉山克郎
患者と考えるがん医療 [平成26年度緩和ケア講演会市民公開講座(大河原)2014.12.6]
杉山克郎
患者と考え、地域で支えるがん医療 [平成26年度緩和ケア講演会市民公開講座(白石)2015.1.17]
杉山克郎
第48回宮城県緩和ケア研修会 企画責任者、講師 [(中核病院)2015.1.24-25]
杉山克郎
みやぎ地域緩和ケアカンファレンス症例報告 [(宮城)2015.2.14]

2013(平成25)年度

○論文

杉山克郎
抗がん剤の副作用と支持療法:血液毒性(好中球減少、血小板減少、貧血) [Modern Physician Vol.33, No.3, 368-370, 2013]
工藤千枝子
抗がん剤の副作用と支持療法:腎機能障害・肝機能障害 [Modern Physician Vol.33, No.3, 384-386, 2013]
二井谷友公
抗がん剤の副作用と支持療法:過敏症、インフュージョンリアクション [Modern Physician Vol.33, No.3, 393-395, 2013]
Chieko Kudo,Masahito Miura,Makio Gamoh,Tomohito Niitani,Hiroki Tamagawa,Kiichi Takahashi,Sonoko Ichikawa,Katsuo Sugiyama
Tumor lysis syndrome after treatment with sorafenib for hepatocellular carcinoma [Int Canc Conf J 2014]

○学会、研究会、講演会

工藤千枝子、二井谷友公、杉山克郎
単施設における原発不明がん24例の臨床学的検討 [第11回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2013]
市川園子、工藤千枝子、二井谷友公、杉山克郎
地域中核病院における脊髄圧迫症例の検討 [第11回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2013]
武田さち子,杉山克郎,二井谷友公,工藤千枝子
化学療法に関する院内統一マニュアル作成の取り組み [第11回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2013]
二井谷友公、加藤俊介、蒲生真紀夫、村川康子、酒寄真人、磯部秀樹、下平秀樹、秋山聖子、吉田こずえ、吉岡孝志、石岡千加史
T-CORE0901 Japan-Modified CONcePT trialにおける有効性ならびに安全性を検討する第Ⅱ相臨床試験(J-M-CONcePT trial phaseⅡstudy)の中間解析報告 [第50回日本癌治療学会学術集会, 2013]