採用情報

採用情報

トップ > 採用情報 > 看護師採用 教育体制について

看護師採用

教育体制について

教育体制について

教育目標

  1. 固定チームナーシングを行い、患者のニーズに沿った継続看護が提供できる。
  2. 医療チームの一員として役割を自覚し、根拠に基づいた安全で安楽な看護の実践と評価ができる。
  3. 専門職業人として、自己の目標達成のために各人が自己開発を行なうことができる。

教育体制

  1. 経年別到達目標に沿った集合教育とOJT
  2. 新人看護職員:教育担当看護師長、継続教育委員・実地指導者・プリセプター(精神的フォロー)が主担当となりチーム全体で教育する体制
  3. 中途採用者:プリセプター、継続教育委員が中心となりチーム全体で教育する体制
  4. 看護職員:年間計画に沿った研修と自己目標を連動させた教育体制

経年別職員到達目標

年間経年別教育計画表(103KB)

新人看護職員

看護師としての心構えを育てる。
看護実践を通して自己の看護を振り返り、看護とは何かを考えることができる。
臨床看護に必要な基本的な看護の知識・技術を身につけ、指導のもと実践できる。

卒後2年目

看護実践を通して自己の看護を振り返り、看護観を表現できる。
基本的な看護の知識・技術を身につけ実践できる。

卒後3年目

看護実践を通して看護観を深めることができる。
基本的な看護の知識・技術を指導することが出来る。

卒後4年目

自己の看護実践能力に応用力を加え、看護観を深めることができる。
基本的な看護の知識・技術を応用し専門性の高い看護を提供できる。

卒後5年目

専門的な看護を実践し、自己の看護観を述べることができる。
専門的な看護を提供すると同時に、チームを指導して看護業務を円滑に進めることができる。

新人研修

看護部の教育理念に基づいて新人看護師に教育研修を実施しています。

接遇についての研修

心肺蘇生についての実習

採血の実習

点滴静脈内注射の実習

輸液ポンプ・シリンジポンプの実習

フィジカルアセスメントの実習

新卒看護職員研修終了式