診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 地域医療連携 がん診療相談支援室

地域医療連携

がん診療相談支援室

基本方針

=安心して治療を受けていただくために=

 がん診療相談支援室は、がんの治療・療養、生活上の問題に対する相談を担当する窓口です
 専門の研修を受講した社会福祉士、臨床心理士、看護師等の相談員が相談をお受けいたします。相談は無料です。また、相談内容について、秘密は守ります。

がん診療相談支援室
センター長
杉山克郎(腫瘍内科医師)
相談員 佐藤新奈(社会福祉士・精神保健福祉士)、菊地浩子(緩和ケア認定看護師)、
高橋恵子(公認心理士)
問い合わせ窓口 TEL:0224-51-5500
E-mail:gan-soudan@southmiyagi-mc.jp
相談受付 時間:平日 8時30分から17時15分まで

具体的な相談内容例

どのような治療があるか知りたい。治療について不安がある。
各治療方法についてがん情報サービス等のHPの紹介やセカンドオピニオンの利用について紹介致します。
セカンドオピニオンを受けたい。
主治医とは別の医師より治療の説明をうけることができる制度です。
医療費の支払いが心配。
ご利用可能な医療費助成制度をご案内します。
退院後、在宅療養の希望があるが、どのようにしたらよいか
地域の医師や訪問看護など在宅療養支援チームとの連携、介護保険の調整をします。
緩和ケアについて聞きたい
がん治療のすべての時期において痛みなどの苦痛症状がなくお過ごしいただく治療方法です。
アスベストが原因の病気と言われた。補償は受けられるか
石綿健康被害救済制度などについてご説明いたします。

がん患者・家族サロン ”ひだまり”のご案内

 "ひだまり"は、同じ病気を抱えている仲間の交流の場です。ミニ講話や茶話会(フリートーク)・情報交換などを行います。
がん患者さんとそのご家族ならどなたでもご参加いただけますので、ご興味のある回がありましたら、どうぞお気軽にご参加ください。

平成30年度 冬の開催内容

  1. 2019年1月8日(火)
    「冬本番!気をつけておきたい感染症」(看護師より)
  2. 2019年2月12日(火)
    「最近のがん治療について」(医師より)
  3. 2019年3月12日(火)
    「おうちでできる 簡単ストレッチ」(理学療法士より)
参加できる方:
がん患者さんやそのご家族ならどなたでも参加可能です。
当院以外に通院中の方もご参加いただけます。
時 間:
13:30~15:00
場 所:
みやぎ県南中核病院 1階会議室
参加費:
無 料
申込窓口:
0224-51-5500(代) (がん診療相談支援室:高橋・佐藤・菊地まで)
※準備の都合上、当日の正午までにご連絡をお願いいたします。

がん相談室だより

 Vol.2(平成28年 秋号)

その他

メールでの相談も受け付けています。
E-mail:gan-soudan@southmiyagi-mc.jp