採用情報

採用情報

トップ > 採用情報 > 研修医からのメッセージ

初期臨床研修医採用

研修医からのメッセージ

川邉 誠 初期研修医2年目

中核病院は研修医として参加できる診療の範囲が広い!

 私のみやぎ県南中核病院への就職に対する気持ちは大学5年生での地域医療実習でこの病院を訪れたところから強くなりました。その時期に実習先として指定されていた病院はいくつかあったのですが、もともと宮城県出身で、働くなら出身県の医療のためにと思っていた私は県南中核病院での実習を希望し、外科・循環器内科・整形外科で手術を含めた診療を見学させ頂きました。いずれの科でも研修医や上級医の先生に解説して頂きながら、外科では手洗いをして手術野での見学を、循環器内科では研修医が穿刺を含めた心臓カテーテル検査の一部を施行しているところの見学を、整形外科では複数の手術参加をさせて頂きました。大学病院よりも術野に入る機会が多いのは多くの外部病院実習で当てはまることかもしれませんが、中核病院においては他の外部病院実習で感じたよりも研修医として参加できる診療の範囲が広いと感じました。私は消化器外科に興味があり6年生での臨床修練で消化器外科を選択しましたが、外部実習先の病院としても中核病院にお世話になり、その際に様々な外科手術に参加させて頂いただけでなく、その際により長い時間研修医の仕事を近くで見る中で医療の中で重要な診療手技を数多く実践していることがわかりました。その様な診療手技を身に付けるには良い環境であろうと思ったこととに加え、研修2年目でのローテート科の選択自由度が高いことから中核病院の採用試験を受験しました。

 同期達と共に診療手技の習得・精度の向上に努める中、大学の実習で中核病院の診療に触れる機会を得たことを、本当に運の良かったことと思っております。

松原 美紀 初期研修医2年目

研修サポート環境の要は「人」でした。

 みやぎ県南中核病院で働き始めて、あっという間に1年が経とうとしています。まだわからない事もたくさんありますが、指導医の先生方に暖かくご指導いただき充実した研修生活を送らせていただいております。

私がこの病院を研修先として選んだ理由の1番は、見学に来た際に先生方やコメディカルがとても親切で和やかな雰囲気であると感じたことです。

 研修医は国家試験には合格していますが、実際に病院で働いてみると病気についてだけでなく治療を受ける方々の入院生活についてなど疑問がたくさん出てきます。中核病院には、自分で調べても解決できなかった疑問や業務に関わることなどを、上級医の先生方やコメディカルに質問しやすい環境が備わっており、毎日たくさんのサポートをいただきながら働いています。また、院内での研修医報告会や地方会・学会での発表などアカデミックな面にも力を入れており、上級医の先生方が熱心に指導をしてくださいます。 また研修医の人数があまり多くないこともあり、2年目の先生方が、常に1年目のことを気にかけてくださいます。病棟業務で疑問点があったり不安な手技を行ったりするときは相談に乗ってくださったり、近くで指導やサポートをしてくださったりして、とっても頼りになります。

 みやぎ県南中核病院の研修に少しでも興味を持った方はぜひ見学にいらして下さい。この病院の雰囲気や研修生活を実際に感じることができると思います。皆様の見学をお待ちしております。