病院紹介

病院からのお知らせ

トップ > 病院からのお知らせ

外来診療は「紹介予約制」です

予約制について

当院は、原則予約制をとっており、予約患者さん、救急処置の必要な患者さんが優先となります。ご予約のない患者さんは、お待ち頂くかまたは当日の診察が難しい場合がありますのでご理解ください。

1. 紹介もとからの予約申込み

紹介もと医師の先生へ

2. 紹介状をお持ちで患者さんご自身からのお電話による予約申込み

担当 :地域医療連携課(地域医療連携室)
直通TEL :0224-51-5526
患者専用 :0120-60-5526(フリーダイヤル)
受付時間 :平日 9:00~11:00 14:00~16:00
(お電話いただいた翌日以降の予約となります)
※ 里帰り出産の方は、「里帰り出産のご案内」をご覧下さい

3. 次回予約票をお持ちの方は各外来受付までお問い会わせ下さい

担当 :各外来受付
代表TEL :0224-51-5500
受付時間 :平日 14:00~16:00

4. 紹介状をお持ちでない患者さんのお電話での診療予約は行っておりません

保険証について

 保険証は、初診時と再来院時(1か月に1回)に必ずご提示をお願いします。保険証の提示がないと、医療費が全額患者さん負担になってしまう場合がありますで、ご注意ください。

地域医療連携室について

 当院では、地域医療連携室を設置し、診療所や他病院との連携(紹介・逆紹介)を密接に行っております。一般の外来はホームドクターにお願いして、入院治療や専門治療が必要な患者さんに当院をスムーズに利用してもらうためのシステムです。
地域医療連携室

患者さんに守っていただきたい事項

 利用者の権利をご覧ください

「病院情報の公表」について

平成29年度 病院情報の公表について

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づき病院情報を集計し、当院の特徴や現状を住民の皆さんに公表を進めています。集計に使用しているデータは、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院の一般病棟(緩和ケア病棟を除く)を退院した患者さんのデータを基に作成しています。ただし、入院後24時間以内に死亡したデータ、生後1週間以内に死亡した新生児のデータ、保険診療以外(自賠責保険、労災保険、自費など)で入院した場合のデータは集計の対象外となっています。また、集計数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示していますので、予めご了承ください。

平成29年度 みやぎ県南中核病院 病院指標

外来患者の主治医連絡票の取り扱いについて

当院と介護サービス調整役であるケアマネージャーとの円滑な情報のやりとりと情報共有のための「主治医連絡票」を作成しました。主治医へケアプランを提出する際にご活用ください。

1. 主治医連絡票はこちらより印刷してください

主治医連絡票

2. 運用手順

下記(1)~(3)をご準備して、医事課宛に郵送または、新患受付窓口に直接ご持参ください。

(1)主治医連絡票、(2)ケアプラン、(3)返信用封筒(切手を貼ってください)
主治医がケアプランを確認後、主治医連絡票にサインを行い、主治医連絡票を郵送いたします。

郵送(窓口)

〒986-1253 宮城県柴田郡大河原町字西38-1 みやぎ県南中核病院 医事課宛

3. その他

1)ケアプラン作成にあたり診療情報提供書を主治医に依頼したい場合
*入退院受付が受付窓口になります。患者・家族が依頼できない場合は、下記書類(a)(b)の委任欄を患者・家族がご記入の上、ケアマネージャーが代行で依頼することもできます。
*料金が発生しますので、事前に患者さんまたは家族への説明と同意をお願いいたします。料金は後日の外来受診時に合わせていただくことになります。(a)診断書・各種証明書等交付申出書 (記入例)
(b)診療情報提供依頼書 (記入例)
2)利用者が入院した場合の入院時情報提供書(入院時情報連携加算)を提出したい場合
・医療福祉相談室に提出する。医療ソーシャルワーカーが病棟に届けます。
・医療福祉相談室にファクスする。医療ソーシャルワーカーが病棟に届けます。
FAX番号:0224-51-5506
*地域連携室直通FAXのため、お手数ですが「医療福祉相談室 宛」と明記してください。
・ケアマネージャーが14時以降の面会時間に直接、病棟看護師に届ける。ただし2階病棟(ICU、HCU)は面会制限があるため(家族のみ)、 医療福祉相談室に提出してください。

お問い合わせ先:

みやぎ県南中核病院 医療福祉相談室
TEL 0224-51-5500(内線1015)

「がん診療連携拠点病院」として指定されました

「がん診療連携拠点病院」として指定されました(2016.04.01更新)

当院は、平成28年4月1日より『地域がん診療連携拠点病院』として指定されました。

がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療が受けられるよう、国ががん医療の診療機能など一定の要件を満たす病院について、県の推薦により厚生労働大臣が指定するものです。

当院では平成14年8月の開院以来、がん診療の充実に取り組んで来ました。その後、平成18年3月には当院の将来構想計画を策定しましたが、その中の重要な具体的中期目標として、仙南医療圏では未整備であった地域がん診療連携拠点病院を目指すことを掲げました。その後、少しずつではありますが、がん診療機能や診療実績が向上し、本年4月より地域がん診療連携拠点病院の指定をいただくことができました。目標設定から指定まで10年を要しましたが、この間、ご支援、ご指導をいただきました多くの関係各位に感謝申し上げます。

これからも仙南医療圏におけるがん診療に貢献できるよう、職員一同努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

平成28年4月1日
病院長 内藤 広郎

 

参考 (平成28年4月1日現在)

1. 全国のがん診療連携拠点病院数

1) 都道府県がん診療連携拠点病院 49病院
2) 地域がん診療連携拠点病院 347病院

2. 宮城県内におけるがん診療連携拠点病院

1) 東北大学病院 都道府県がん診療連携拠点病院
2) 宮城県立がんセンター 都道府県がん診療連携拠点病院
3) 仙台医療センター 地域がん診療連携拠点病院
4) 東北労災病院 地域がん診療連携拠点病院
5) 大崎市民病院 地域がん診療連携拠点病院
6) 石巻赤十字病院 地域がん診療連携拠点病院
7) みやぎ県南中核病院 地域がん診療連携拠点病院

指定書

(PDFはこちら 384KB)