ご利用案内

ご利用案内

トップ > ご利用案内 > 緩和ケアについて 緩和ケアチームについて

緩和ケアについて

緩和ケアチームについて

 がんの治療においては手術や化学療法などがんそのものに対する治療と同時に、疼痛や不安など様々な苦痛症状に対する治療を並行して行うことが大事です。がんに伴う苦痛がある場合はそれを取り除くことで、日常生活の質が上がり、より積極的に治療に取り組むこともできるようになります。こうした治療は緩和支持療法と呼ばれ、手術や薬物療法、放射線治療とともにがんの治療の上で非常に重要です。

 当院ではがんに伴う苦痛症状がある場合、入院患者さんを中心に緩和ケアチームと呼ばれる多くの医療職で編成されるチームが様々なご相談に乗りながら、その治療のお手伝いをしています。

 チームのメンバーは下記のとおりです。

 医師(腫瘍内科・緩和ケア内科・リハビリテーション科)、看護師、社会福祉士(社会・経済・心理面担当)、薬剤師(緩和薬物療法担当)、栄養士(栄養管理担当)、臨床心理士(心理・社会面担当)

※必要に応じて、外来通院中のがん患者さんのご相談にも応じております。がん診療相談支援室までご相談ください。